So-net無料ブログ作成
検索選択

山北まで往復ロングライド [西丹沢・足柄・山北方面]

150221-DSC_8960.jpg
2015年2月21日 <御殿場線 谷峨駅にて>

今回は、山北町にある道の駅山北まで往復してきました。

先週もサイクリングで宇佐美温泉まで走り、今週は仕事も忙しく疲れていたのですが、やはり運動して気分転換することが自分にとっては一番効果的だということが判ってきました。
150221 1確定
自宅を10時40分頃出発し、一路小田原へ向かいます。
いつもどおり国道1号線を快走し、あっという間に小田原に到着

その小田原のコンビニで休憩中、八王子より乗ってきたというローディ-の方としばし談笑し、聞けばこれから箱根をヒルクライムした後、引き返してから、江ノ島まで走って八王子に戻れらるとのこと・・
自分とは違い、筋金入りの自転車乗りの人は凄いと感心しました!

DSC06171
国道255号を北上し、酒匂川CRスタート地点の富士見大橋へ
ここへ来ると不思議と安心感が得られます

酒匂川CRを北上し、終点まで走り御殿場線山北駅へ向かいます。
そして山北駅に到着
DSC06175
のどかな駅です。こちらは南側の踏切です

その後、旧国道246号線を走ります。
DSC06181
とても走りやすく快適でした。

御殿場線谷峨駅に立ち寄り、ベンチでおにぎりランチ
DSC06187
この駅は西丹沢への玄関口です
DSC06190
のどかな山里の駅でとても雰囲気がある無人駅です。
150221-DSC_8960.jpg
この駅はまだ道路が整備されていない昭和の時代に、西丹沢方面の玄関口ということで、昔の登山者や渓流釣り師は、御殿場線の最終列車に乗ってこの駅で下り、夜通し歩いて西丹沢へ向かうために利用されていた様です。
一応、自分もある時は山男なのですが、昔の山男って本当にタフで凄いな・・
そんなことを思いながら、今日は自転車ですが、少しだけ丹沢湖方面に進んでみることに

DSC06197
 
渓谷沿いの道をさらに進むと、河内川沿いの道の駅山北に到着しました。
DSC06198

DSC06200
ここは、いつも西丹沢方面への渓流釣りや登山に来る際に立ち寄る場所です。
今日は自転車で来ている自分に強い違和感を感じました..(笑)
売店で、お土産にふきのうとうを購入し、リュックに詰めます。
ふきのとうは春を告げる山菜なので、もう春かぁ~と感じてしまいました。
この時点で14時だったので、そろそろ帰路につかないとと思い、家路につきます。

帰路は国道246号で山北~松田~渋沢~秦野~伊勢原市街を経由し、その後は相模川沿いを走り、約3時間掛けて無事に帰宅しました。

■走行距離 113km
■サイクリング時間(休憩含む) 6時間20分 
■平均速度 22.4km/h
■最高速度 48.1km/h
■消費カロリー 2,035kcal

今日も良く走りました。ふきのとうは天ぷらにして頂きました。
随所に春を感じることが出来てとても良かったです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

宇佐美温泉まで 輪行で温泉とビールを満喫 [静岡・伊豆半島・沼津方面]

DSC06142.jpg
2015年2月14日 <宇佐美海岸にて>

今日は伊豆半島 宇佐美まで温泉[いい気分(温泉)]+輪行サイクリングに行って来ました。
今朝の気温は氷点下2度
日本海側では暴風雪の大荒れの天気でしたが、南関東は快晴により、状況をみながら一路伊豆半島に向けて出発しました。
150214   完成
真冬のツーリングは防寒対策さえすれば、自分にとっては最も楽しく走れる季節だと思います。
西高東低の冬型の気圧配置の場合、関東沿岸部の晴天率は高いので、青い空と海、山々の稜線もクッキリと眺めながら走れます。

自宅より国道134号線、大磯より国道1号線を快調に走り、11時30分頃酒匂橋を通過。
DSC06119

箱根の峰々もクッキリと見えます
DSC06120

その後、小田原港(早川)で休憩
DSC06126
小田原港(早川)
国道135号の交通量は多かったです。
DSC06128
根府川で小休止
海はとても澄んでいます。
DSC06127
真鶴手前の路肩スペースにて
この辺は海岸との高低差もなく、海を間近に眺めながら走れます
でも、波の高い日は注意が必要ですが・・
真鶴、湯河原を走り抜け、熱海に到着。
先月熱海往復した際に立ち寄ったお店で温泉饅頭を購入。
熱海から先の急登は3ヶ月前に伊豆稲取まで走った際の記憶が残っていたので、ここからの急登+トンネルに備え、熱海港で十分休憩を取りました。
DSCN0113
熱海港にて

そして135号線の急登を走り、トンネルの先の海岸沿いの道にそれて走ります
DSC06136
 

熱海城の雄姿 断崖絶壁の上に聳え立ちなかなかカッコいいです
DSC06140
いい眺めです。
風も強まって来たので、予定通り宇佐美駅前の銭湯を目的地にします。
伊豆多賀、網代周辺も徘徊した後、網代からの再び始まる急坂+トンネルを上っていき、下っていくと宇佐美海岸に到着しました。
DSC06142
宇佐美海岸

なかなかアップダウンのある道のりでした。
DSC06147

カモメ君も日向ぼっこ..
DSC06149
宇佐美駅前の温泉「宇佐美ヘルスセンター」でのんびりと温まり、輪行して帰路につきました。
やはり運動した直後に温泉に浸かる醍醐味はたまらないものがありました。
缶ビールを買って、東海道線の鈍行列車の中では至福の時間を過ごすことができました。

■走行距離 71km
■サイクリング時間(休憩含む) 4時間00分 
■消費カロリー 1330kcal


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ