So-net無料ブログ作成
検索選択

今週は気ままなお盆ライドへ(鎌倉~逗子~横須賀方面を周回) [逗子・葉山・横須賀・三浦半島]

DSC03953.jpg

<横須賀 ヴェルニー公園> 

2016年8月13日

お盆期間の週末は江の島~鎌倉~逗子~横須賀方面を少し周回して来ました。

この日もとても暑い日でしたが、丹沢方面の事前天気予報では湿った空気が流れて霧予報により、盛夏で混雑しそうなR134号の海沿いを敢えてのんびりと走りに行くことにしました。

ルート.jpg

自宅を10時頃出発

まずR134号で江の島に向かいます。

盛夏の如く鵠沼海岸~片瀬西浜は多くの人出で賑わい、特に片瀬江ノ島駅付近は大混雑でしたが、R134を走行する分にはそれほど渋滞も激しくなかったのは幸いでした

DSC03876.jpg

R134号境川河口に架かる橋の上より江の島

江ノ島大橋を渡って江の島へ上陸します。

DSC03881.jpg

多くの人で賑わっています。

DSC03896.jpg

江ノ島大橋を渡り切った場所にある広場にて

奥に見える片瀬東浜海岸は大盛況です。

島全体も同様に大混雑!

四季を問わず大賑わいの江の島を後にし、R134号で鎌倉方面を走ります。

七里ヶ浜信号所ではすれ違い待ちにより停車中の江ノ電

DSC03898-1.jpg

江ノ電の線路から遠ざかってから大盛況の七里ヶ浜の7-11を横目に走り、ほどなく稲村ヶ崎へ到着

DSC03917-1.jpg

この辺りのビーチは比較的空いていました

その後は由比ヶ浜~滑川~材木座と大混雑のビーチを横目に走ります。

ヨットやウインドサーフィン、ジェットスキー、ボート、スタンディングパドルetc...(キリがない)

この暑い日中に自転車に乗っていることに少し違和感を感じつつも(苦笑)、自転車乗りも多く見掛ました。

こんな炎天下にもかかわらず風を切りながら走れる爽快感はとてもいいものです。

材木座海岸よりR134号を離れた下道より小坪(逗子マリーナ)へ

DSC03919.jpg

ここでトイレ休憩後、のんびりと敷地内を走ります。

DSC03928.jpg

走って来た江の島と稲村ヶ崎

今日のお盆ライドは無計画で走りに来たのですが、たまにはグルメライドにすることをここで決定(笑)

さっそく披露山の美味しいパン屋さん パンヤコットさんへ

お盆でも営業しててくれたのは幸いでした(冷汗)

DSC03948.jpg

総菜パンを買って、披露山の坂道を登り大崎公園へ

DSC03929.jpg

予想通り炎天下でガラガラでした。

DSC03942.jpg

奥にある展望台より逗子のビーチが見渡せます。

あちら側も大賑わい どこも盛夏の海ですね

DSC03932-2.jpg

日陰のベンチは先客がいたので、炎天下[晴れ]のベンチに座って先ほど買ったパンをここで頂きました

DSC03939-2.jpg

ここの標高は100m程ですが、眺めがとても良いスポットです。

もう少し視界が良ければ江の島の先に箱根や富士山まで見えます。

その時の写真がこちら(今年の1月に撮影したもの)↓

DSC01654-2.jpg 

今日は富士山は見れなかったのですが、美味しいサーモンマリネ風味のパンとキーマカレーパンを食べれたので、これで充分満足感に浸りました(かなり暑かったですが・・)

DSC03944.jpg

至福の時間を過ごしていると、やがて上空を旋回する鳶が2羽飛来して来ました。

湘南の海ではこんなシーンはごく当たり前なので、屋外で食事するときは、常に上空360度の監視のためにこちらも思わず首をぐるぐると旋回してしまいます..(笑)

DSC03947.jpg

ベンチの傍らの草むらでは大きなバッタ君も登場

真夏らしいひと時です。

食事を終え、さてこのまま戻ろうかと思いつつも、まだ陽も高く道路も意外と流れてたので久しぶりに横須賀方面へ向かうことにします。

お盆期間で海沿いが混むのは夕方だろうし、炎天下の日中なら交通量も少ないだろうと目論みます..

県道311号で逗子市街を抜け、葉山より県道24号で三浦半島を横断し横須賀方面へ

DSC03950.jpg

ガラガラの県道24号で葉山の山沿いを走り抜けます。

横須賀インター~池上十字路を経由して、京急の汐入駅よりヴェルニー公園へ

DSC03953.jpg

こちらもガラガラでした

DSC03965.jpg

ヴェルニーの碑

DSC03957.jpg

ヴェルニー公園はフランス庭園様式を取り入れた公園です。 

運河を挟んだ向こう側は米国海軍横須賀基地です。

DSC03955.jpg

自販機でスポーツドリンクを購入し、歩を進めます

DSC03967.jpg

すぐそばにある横須賀駅(JR横須賀線)

この周辺は外人さんが多く英語が飛び交っていました。

DSC03974.jpg

駅前の踏切より横須賀駅のホームを撮影

のどかな(もとい炎天下の)昼下がりという感じ・・・

この後、R16号でとりあえず横浜方面に北上します

DSC03980.jpg

安針塚付近のトンネル

R16号は追浜あたりまでトンネルが多く自転車での走行は神経を遣います。

それでも今回走行した際の交通量はとても少ないように感じました。

何度も信号に引っかかりながらも金沢八景~金沢文庫~能見台と走り、富岡のファミリーマートで休憩

ここでコンビニソフトを補給

DSC03990.jpg

180円ですが充分満足な味でした

青砥坂(杉田)交差点より環状3号で帰路へ

DSC03991.jpg

炎天下[晴れ]でアスファルトの温度も相当高そう・・

路面の照り返しも結構あり、さらに日焼けしました..(苦笑)

環状3号は地味にアップダウンがあるので、ジワジワと体力も消耗。

港南台5丁目を左折し環状4号方面へ下ります。

DSC03992.jpg

ここで動物注意の看板!

先週走った道志みちで見た看板を思い出してしまいました(笑)

環状4号(県道23号)に合流後は公田~鎌倉女子大前~東海道線の陸橋を渡って田谷より県道312号で藤沢方面へ

DSC03996.jpg

川名のT字交差点で今日初めて(自転車での)渋滞にハマりました

南藤沢より境川沿いで再び江の島へ向かいます。DSC04005.jpg

すると川を横断する水道管らしき上に20匹くらいの川鵜が獲物を狙っていました

DSC04009.jpg

水中に潜って獲物を捕らえる川鵜たちの姿が面白くてしばらく眺めてしまいました。

その後境川沿いのCRを南下し、片瀬山入口より側道でモノレール湘南江の島駅へ

信号の奥に見えるのは江ノ電の江ノ島駅です。

こちらも大混雑でした。

DSC04011.jpg

再び片瀬東浜海岸へ

DSC04012.jpg

大賑わいのビーチ

まだまだ太陽[晴れ]の高い時間でしたが、今日は暑かったのでおとなしく帰宅しました(苦笑)

炎天下ライドにより、走行距離にしてはロングライド級の疲労感でしたが、お盆の比較的交通量の少ない時間帯をマイペースで走れていい運動にもなりました。

■走行距離 77km 

■平均心拍 137bpm ■最大心拍 180bpm

■行動時間(走行時間+休憩時間等)6時間19分

■消費カロリー 1,579kcal(サイコン)


nice!(65)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

盛夏の道志みち~山中湖まで周回 ロングライド [山梨・道志・富士五湖方面]

DSC03573.jpg

<道志渓谷> 

2016年8月5日

今回は道志みちより山中湖(富士五胡のひとつ)まで周回して来ました

炎天下[晴れ]での178kmの走行はかなりキツかったですが、渓谷美を満喫できたので走り甲斐がありました。

「道志みち」は裏丹沢エリアとも言われる神奈川県の貴重な水源でもある道志川沿いを走る国道413号線の通称です。

ロードバイクはもちろん、多くのライダーやキャンパー、釣人、丹沢への登山客により、週末の交通量はとても多く、中央高速の渋滞時の抜け道としても知られています。

昔から道志七里と言われ、両国橋(県境)の山梨県側より丹沢山地と道志山塊の鞍部となる山伏峠(標高1,100m)までを結ぶ長い街道のヒルクライムコースです。

ピークの山伏峠のトンネルを抜ければ、富士五胡の山中湖のある山中湖村となります。

コースはこんな感じです(茅ヶ崎駅起点)↓

標高グラフは左側が宮ヶ瀬湖から道志みちの長い登坂

中央の平の部分が山中湖

右側が籠坂峠からのダウンヒルです。

全体ルート.jpg

まさに丹沢山塊を包み込むようなルートです。↓

アース3.jpg

この日は仕事の代休を利用して、ロードバイクでは初の平日走行となります。

道志みちは週末の交通量がとても多いので、平日なら走ってみるチャンスだと思い早朝出発の予定も、熱帯夜でぐっすり眠れず目覚ましも起きれずに二度寝してしまい、バナナ1本とコーヒーを飲んでから朝7時頃の自宅出発となりました(苦笑)

今日は大き目のサドルバックに輪行装備、着替類に加え、山中湖から富士山の眺めを期待して一眼レフカメラも強引に押し込んで挑みます(重たい・・) 

既にに気温も上昇し、平日のラッシュアワーにより神川橋~伊勢原あたりまでの道路では渋滞が発生し、完全に出遅れ感のスタートとなりました。

DSC03514.jpg

↑神川橋(相模川)

県道44号で伊勢原へ向かいます。

伊勢原のR246号交差点を直進し、県道63号で宮ヶ瀬方面へ向かいます。

DSC03516.jpg

尾崎交差点を左折し、しばらく進み道の駅清川で休憩

すでに全身汗だく・・

宮ヶ瀬方面に近づくに連れ交通量がグッと少なくなります。

DSC03526.jpg

みんみんゼミのメロディーを聴きながら土山峠へヒルクライム

DSC03531.jpg

いいウォーミングアップになりました(汗!)

_MG_0342.jpg

登り切ると、宮ヶ瀬湖に到着

快晴[晴れ]は好きですがとても暑い・・(笑)

DSC03546.jpg

やまびこ大橋にて 

2週間前に来た時より水位がさらに下がっていました

↓↓2週間前に撮影したもの

DSC03124.jpg

道路はガラガラ・・

宮ヶ瀬園地の前を通過します。

こちらも2週間前の週末に来た時の賑わいに比べれば、雲泥の差でとても静かでした。

DSC03553.jpg

虹の大橋~鳥屋~鳥屋郵便局を経て県道64号で道志みち(国道413号)に合流します。

DSC03557.jpg

さて、ここからが今日の本番です。

カンカン照り[晴れ]でこれから山中湖まで42kmの道のり

取り敢えず覚悟を決めます。今更引き返すわけにも行かないし(笑)

DSC03559.jpg

両国橋(神奈川と山梨の県境)まではそれなりにアップダウンの道です。

DSC03566.jpg

両国橋を渡り少し登ったところより、両国橋を撮影

なかなかペースが上がらない

DSC03573.jpg

途中、道志川の清流が眼下に見えるポイントもあります。

両国橋より久保あたりまでは道志川では最も狭間を形成する区間です。

以前は渓流釣りでこの途中にある大渡(おおわた)前後より獣道を下って入渓し、よくヤマメを釣りに来たものです(その後キャッチ&リリース区間が道志川に設定されて以来、釣りでは訪れなくなりました)

やがて久保の吊り橋へ到着

DSC03589.jpg

眼下に下流方向を眺める

やはり深い谷を成していますがとても綺麗な流れです。

_MG_0367.jpg

この後、道志みちを走行中、前方で反対車線の斜面より鹿2頭が小走りに横切っていきました。

暑くてペースも上がらずもジワジワと高度を上げていきます。

笹久根~紅椿の湯~道志村役場~大久保(道志の湯入口交差点)をひたすら走ります。

DSC03615.jpg

やがて四里塚の休憩スポットに到着

DSC03614.jpg

だいぶ奥まで進んできました

DSC03617.jpg

やがて道の駅どうしに到着

DSC03619.jpg

夏休みにより結構賑わっていました。この場所の標高は約700m

暑さによる疲労感により、水を頭からかぶってクールダウン。

DSC_0426.jpg

ここで名物:豆乳ソフトクリームを注入

山伏峠へ備えます。

DSC03628.jpg

道の駅どうしから山伏峠までの約9km、標高差約400mのヒルクライム開始です。

道志川も渓谷から里川に変わります。

水が澄んでいてとても綺麗です。

DSC03639.jpg

地味に長い直線の坂 結構キツかったです。

DSC03647.jpg

途中にある道志水源林の碑

道志川沿いは緑が豊富で水源かん養林として横浜市の水源として支えてるそうです。

DSC03649.jpg

まだかまだかと漕ぎ続けますが、なかなか進まない。

特別な急坂区間はないものの、距離があるので堪えます

ようやく山伏峠(山伏トンネル)に到着

ここの標高はおそよ1,100mです。

DSC03668.jpg

あとはトンネルを抜ければ山中湖までの下りです。

DSC03670.jpg

トンネルを抜けると、山中湖村の標識が見えてきます。

これより約4kmほどダウンヒルをして山中湖畔に出ました。

湖畔のサイクリングロードで北側を半時計回りで周回します

しかし・・・

_MG_0372.jpg

せっかく一眼レフまで積んできたのに富士山は雲の中・・・

まあ仕方なし。

心地よい風が吹いていたので、それまでの疲れも吹っ飛びました。

_MG_0406.jpg

左から三国山~楢木山~大洞山~立山の稜線が良く見えます。

DSC03682.jpg

お決まりの一枚

サイクリングロードをしばらく走り、国道138号に合流

道沿いには平日とはいえ盛夏により観光客が多かったです。

山中湖の西側をしばらく走り、籠坂峠で須走(御殿場方面)へ登ります。

DSC03691.jpg

籠坂峠への登り坂では、路肩も狭くところどころで凸凹の路面状況により、自転車での走行はあまり適さないと感じました。

気温[晴れ]もさらに上がり、酷暑の籠坂路となりました[あせあせ(飛び散る汗)]

DSC03698.jpg

やがて籠坂峠へ 標高1,104m(山梨と静岡の県境)

これより須走まで(おそらく自宅まで続く)ダウンヒル開始

静岡側はよく整備された道で走りやすかったです。

DSC03704.jpg

須走まで下って、道の駅すばしりで小休止。

その後静岡県道151号線より1本南側に走る道をしばらくダウンヒルし、国道246号より道の駅ふじおやまへ

DSC03708.jpg

ここで今日初の穀物となる絶品カレーパンとラムネ味のソフトクリームを補給

今日のライドでの食事はソフトクリーム2つとこのカレーパンのみ

暑くて食欲も湧かず、スポーツドリンクやアミノ酸ばかりチャージしていました

DSC_0432.jpg

このカレーパン 確かに美味しかったですが、絶品の理由は不明とのこと・・

店員さんとしばし談笑後、出発します

静岡県道394号で国道246号までの7kmほど走ります。

途中で金時山がクッキリと見えました。

DSC03709.jpg

国道246号に合流してからは大型車が飛び交う中、清水橋まで走り県道727号へ

DSC03713.jpg

この道は交通量が少なくとても好きな道なのですが、今日は国道246号が大渋滞だったことと平日ということもあり意外と交通量が多かったのには少し驚きました。

DSC03716.jpg

樋口橋より山北駅へ向かって駅前のトイレで休憩し、自販機で買ったアイスコーヒーを一気に飲み干し、今日何度目かとなるスポーツドリンクを補充

ここで桜の湯に浸かっての輪行も考えていたものの、自走することにして酒匂川CRで帰ることに

DSC03719.jpg

酒匂川CR山北側起点となる休憩スポットでのんびり休憩

酒匂川は鮎釣りが多かったです。

DSC03733.jpg

ほとんど人のいない酒匂川CRを流します。

開成ふれあい館でも水道水を頭からかぶってクールダウン

その後CRを走行中にアブの様な虫が突然右腕に止まった後「チクリ!」

とっさに左腕で振り払い、吸引したもののじわじわと熱を帯び腫れてきて、もしや蜂だったか?と思いつつも、様子を見ながらそのまま走ることに。

その後富士見大橋まで南下後、いつものように県道717号で国府津へ出てから国道1号を東進

大磯城山公園でコーラを買いベンチに座って休憩。

疲労感が溜まっていたのか、或いは虫刺されによるものか、少し頭がクラクラしてきたので息を整えてから出発

DSC03752.jpg

そのまま国道1号で平塚市街を走って馬入橋へ

DSC03755.jpg

夕方のラッシュアワーにより大渋滞中でした。

_MG_0441.jpg

今日走ってきた道志みち方面(丹沢山塊の裏側)に夕陽が傾きかけています。

重たい一眼レフを取り出し、ここで少し活用して撮影してみました(苦笑)

炎天下で約半日を要しさらに真っ黒に日焼けしましたが(笑)、今回も結構遠くまで行けてしまう自転車の凄さというものを改めて感じた次第です。

■走行距離 178km ■平均速度 21.0km/h

■平均心拍 144bpm ■最大心拍 186bpm

■行動時間(走行時間+休憩時間等)11時間28分

■消費カロリー 3,604kcal(サイコン)

▲塁積標高(ガーミンbasecamp)±3,169m

▲獲得標高(ルートラボ) 2,460m


nice!(63)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ