So-net無料ブログ作成

晩夏の午後から定番ライド 小田原城~酒匂川~松田~中井町など [箱根・熱海・真鶴・小田原方面]

170827022.jpg
<中井町にて>
2017年8月27日
今日は午後からほぼ定番コースの小田原~酒匂川CR~松田まで周回して来ました
今週は疲労感も溜まりこの日も午前中用事があったので、休息に充ててノーライドのつもりも、用事が早く済んだことと天気が回復傾向と天気予報で知り、急きょ午後13時過ぎからの出走です(即決!)
やはり頭の片隅で健康診断が近づいているし...という思いに駆られたことが正直なところかもしれませんが(笑)
170827000.jpg
↑今日のルート
いつものようにR134を西進します。
湘南大橋(相模川)では上空に真っ黒の雲[曇り]
でも事前天気予報では雨は降らないことを確認しているので気持ち的に余裕~
170827001.jpg
花水川橋(花水川)を渡る途中、湘南平の上空には怪しげな雲[曇り]
何だか少し雨のことが心配になってきます...
170827001-1.jpg
西湘バイパスの分岐を過ぎて、側道経由で大磯駅入口へ
170827002.jpg
これよりR1に合流します。
真夏でも日中はガラガラのR1を快走します
170827003.jpg
二宮~国府津と走るうちに天気が回復
走っている最中、日没までに帰ってこれそうなルートを色々と頭の中で考えながら、取り敢えず酒匂川を渡ってから考えようと...
そして酒匂橋に到着
予想通り空がすっきりし晴れ間が出てきました
170827004.jpg
とても穏やかな酒匂川を渡ります
170827005.jpg
水辺ではエサ取り中の鷺がいました。
170827005-1.jpg
鷺といえば、よく空から突然、オタマジャクシや小魚が降って来たというニュースが話題となりましたが、実は鷺が飛来中に吐き出したしたものだったことが判明し、そんなことがあるんだと感心したものです。
酒匂川には多くの野鳥が飛来してくるので、バードウォッチングのカメラマンもよく見掛るほど人気があるそうです。
酒匂橋を渡って小田原市街地に入ります
この時点で今日のコースは小田原城から松田方面へ行くことにしました
理由はR135真鶴方面や箱根方面は夕方の帰りが大渋滞にハマるのが目に見えているので...
170827006.jpg
このモニュメントを見ると旅をしてついに小田原まで来たなあと思うものですが、ロードバイクで来ることが最近はほとんどなので、とても身近に感じるようになりました。
170827006-1.jpg
そして小田原城へ到着
170827009.jpg
ハスの花がまだ見れたのは嬉しい誤算でした。
170827007.jpg
天守閣をズームで... 今日の入館者はそこそこといった感じです
170827008.jpg
小田原を後にして、松田へ向かいます。
R255を少し北上します
170827010.jpg
飯泉入口を左折して大雄山線沿いの県道720号へ
170827011.jpg
南足柄市内に入り、すぐに右折して県道717号へ
170827012.jpg
酒匂川に架かる富士道橋へ
170827013.jpg
これより酒匂川CRに入ります
170827014-1.jpg
松田山方面は怪しげな雲[曇り]
170827015.jpg
定点観測地点 矢倉岳
田んぼが色付きはじめましたね
170827015-1.jpg
さらに進むと綺麗な田んぼと真っ黒の雲に囲まれた松田山
このコントラストはなかなか面白いかも(笑)
170827016.jpg
酒匂川を渡り、JR御殿場線松田駅へ
今日は自販機のレモンスカッシュを一気飲み
170827017.jpg
松田からの帰路は、久しぶりに県道77号でプチヒルクライム
170827018.jpg
右手に東名高速を眺めながらジワジワと登って行きます
170827019.jpg
すると道端に栗の実が散乱...
まさに晩夏...というか秋の訪れを感じます
170827020.jpg
ピークを過ぎればあとは長いダウンヒル
中井町に入ります
170827021.jpg
すると道沿いに風光明媚な場所を発見
比較的近場にも四季を通じていろいろと楽しめる場所がありそうです
170827022.jpg
坂呂橋のミニストップで大休憩
170827024.jpg
巨峰ソフトとアイスラテを涼しい店内のイートイン・コーナーで補給
汗だくの全身に染み渡るこのひと時がロードバイクの楽しみになって来ました(笑)
170827023.jpg
国府津の押切橋まで走りR1に出て東進します
170827025.jpg
大磯 照ヶ崎海岸に立ち寄ります
大磯港付近は大渋滞でした
170827026.jpg
同じく大渋滞中のR134を走り抜け最後は海沿いCRへ
江の島を眺めてから無事帰宅
170827027.jpg
午後からのライドでしたが、これで健康診断に向けて少しでも体脂肪が落ちれば言うことなしですが...(笑)
■走行距離      85km
■消費カロリー  1,632Kcal

nice!(34)  コメント(16) 
共通テーマ:スポーツ

お盆期間中 夕方の江の島ポタ [ポタリング]

IMG_5445.jpg
<江の島から相模湾の太陽[晴れ]
お盆シリーズ第三弾です
記事UP日が前後しますが、お盆中頃にまったりと夕方から江の島島内へポタリングしてきたものです
東京では40年ぶりの長雨記録更新中の最中でしたが、この日の神奈川は午後から[曇り][晴れ]で、16時頃より出発
IMG_4160.jpg
辻堂海岸より江の島を望む
IMG_4168.jpg
湘南海岸公園(片瀬西浜海岸) ビーチはそれほどでもない混雑具合
片瀬江ノ島駅前より弁天橋を渡り島の中へ 弁天橋は欄干工事中でした。
IMG_4181.jpg
ゆるゆると駐車場の最奥まで走り、湘南港灯台へ
IMG_4188.jpg
湘南港灯台の歴史は古く昭和39年の建設(1964年)今から50年以上前です。
ちなみに有名な江の島灯台はさらに古く旧灯台は昭和26年の建設(1951年)です。
↓現行の新灯台は2002年に建設され今に至ります
(下の写真は別の日に撮影したものです)
サンプル灯台.jpg
この日は重たい300mm望遠レンズも担いできたので、ここから稲村ヶ崎をズームで1枚
IMG_5372.jpg
相模湾の向こうには三浦半島の海岸線
IMG_5362.jpg
テトラポット 以前釣りに来たのが懐かしい...
IMG_4196.jpg
そのまま奥の駐車場を移動して南側へ
IMG_4232.jpg
少し磯伝いを進み
IMG_4221.jpg
童心にかえり貝殻や小魚を捕まえるのも楽しいかも(笑)
IMG_5385.jpg
↑この形、北アルプスの上高地より眺める穂高連峰:吊り尾根のイメージに似ていると感じたことは少し大袈裟でしょうか?(笑)
以前ここでは何度かBBQしたことがあるのですが、しばらく来ないうちに落石が多く直下は立ち入り禁止になっていました...
その後は島の中心街に戻って
IMG_4237.jpg
相変わらずの多くの観光客 いつ訪れてもこんなかんじなのでもう慣れましたが(@_@)
中国語、韓国語、タイ語、英語、そして関西弁、東北弁等々... 実に様々なお国の言葉が飛び交ってました
IMG_4238.jpg
青銅の鳥居を潜って少し参道を歩きます。
道を逸れてお気に入りのスポットへ
IMG_4246.jpg
雲の隙間から西日が射し込む[晴れ]
輝く海面には漁船が通過
波の音を聴きながらマッタリ眺める時間は、日頃の喧騒から解放される貴重なひと時です
IMG_5409.jpg
そして来た道を戻り、再び大混雑の参道を下り自転車で江ノ島を後にします。
江ノ島水族館より片瀬西浜海岸を夕日[晴れ]を眺めながらのんびりと走ります
IMG_4247.jpg
40年ぶりの雨続きの8月ですが、本来の盛夏はいつ訪れることやら...(笑)
そして週間天気予報は今週末も雨マーク...
こうなると晴れそうな日に有給でも取るしかないか...(思案中)

nice!(27)  コメント(10) 
共通テーマ:スポーツ

久しぶりに真夏らしい海沿いポタ [ポタリング]

170819二宮ポタ008.jpg
<平塚海岸>
2017年8月19日(土)[晴れ][曇り]
今日は午後2番からMTB号で二宮へマッタリ気分でポタリングしてきました。
170819ラボjpg.jpg
14時30分頃の湘南の海 日中は炎天下で湘南海岸CRも意外とガラガラ...
この夏は天候不順の日が続いていたので、青空と江の島の風景を見れたのは今夏初めてかも
170819二宮ポタ000.jpg
サザンビーチへ向かいます
170819二宮ポタ002.jpg
烏帽子岩
170819二宮ポタ001.jpg
茅ヶ崎サザンビーチに到着
今日は意外とガラガラ。最近若者の海離れが話題になっているようですが...
170819二宮ポタ003.jpg
そのまま走り、柳島から相模河口へ
170819二宮ポタ004.jpg
強烈な西日に晒されて、湘南大橋で相模川を渡ります
170819二宮ポタ005.jpg
今日は久しぶりに平塚のビーチへ寄り道
170819二宮ポタ007.jpg
こちらもかなりガラガラ...
170819二宮ポタ008.jpg
この暑い日にビーチバレーのようはハードな運動すると熱中症になりそうです(笑)
170819二宮ポタ006.jpg
平塚ビーチを後にして、花水川を渡り、大磯町に入ります
170819二宮ポタ009.jpg
湘南平の後方より雲が湧いてきた
170819二宮ポタ010.jpg
CRをのんびり流して
170819二宮ポタ011.jpg
大磯ビーチをスルーしていつもロードバイクで立ち寄る照ヶ崎海岸の様子を見に行きます
170819二宮ポタ013.jpg
強烈な西日、でも低い雲が少しづつ漂い始めた...
170819二宮ポタ012.jpg
太平洋岸CRに入り、西湘BP沿いを西へ
170819二宮ポタ014.jpg
やがて強制的に国道1号へ通じる道へ
駐車場からR1までの短い区間、以前は砂利道でしたがしばらく来ないうちに全面舗装されていました
170819二宮ポタ015.jpg
R1を少し西進し、大磯ロングビーチ方面へ
170819二宮ポタ016.jpg
せっかくなんで大磯プリンスホテル前まで登ってしまいました(笑)
巨大な空調の室外機の音が周辺に響き渡ってました。
170819二宮ポタ017.jpg
適当に路地を走り、二宮へ
170819二宮ポタ018.jpg
少し休憩し、二宮駅へ
170819二宮ポタ020.jpg
駅前には「ガラスのうさぎ像」
170819二宮ポタ019.jpg
ここ二宮も小説の舞台でした
170819二宮ポタ022.jpg
二宮駅から引き返し、線路沿いの道をのんびり流します
170819二宮ポタ023.jpg
大磯駅前 ここで小休止
前方には怪しげな黒い雲[曇り]が早いスピードで流れ...
170819二宮ポタ024.jpg
平塚に向かう途中、湘南平の後方からも雲が接近
R1の花水川の橋を渡り
170819二宮ポタ025.jpg
平塚市街を走り抜けてR134湘南大橋(相模川)を渡り
170819二宮ポタ027.jpg
柳島では、前方に面白い雲
170819二宮ポタ028.jpg
柳島海岸より再び湘南海岸CRに入り、相模湾の上空の様子
170819二宮ポタ029.jpg
烏帽子岩
170819二宮ポタ030.jpg
次第に怪しげな雲が近づく中無事帰宅
170819二宮ポタ031.jpg
帰宅して約1時間後に周囲で落雷[雷]の音と共に雨が降り出しました。
雨に遭わずに幸いでした。
■走行距離 52km

nice!(32)  コメント(18) 
共通テーマ:スポーツ

盛夏のビーチ巡りライド(江の島~鎌倉~逗子~横須賀~三浦~城ヶ島~三浦海岸) [逗子・葉山・横須賀・三浦半島]

長者ヶ崎.jpg
<長者ヶ崎海岸>
2017年8月13日(日)[晴れ]
このお盆前半3連休最終日は日中少し晴れ予報により、ロードバイクで片瀬海岸(江の島)~鎌倉~逗子~横須賀~城ヶ島~三浦海岸など各ビーチを巡って来ました。
どの海もハイシーズンで賑わっていましたが、敢えて日中の時間帯なら道路も流れてるのではと淡い期待をして出発しましたが、やはり夕方近くなるとあちこちで大渋滞が発生し、なかなか思い通りにはいきませんでしたが...(笑)
またこの日は久しぶりの真夏日だったことで暑さが心配でしたが、海からの心地良い風にも助けられ、小まめに水分補給もしたので前回までの山岳ヒルクライムライド時ほどの疲労感を感じなかったのは幸いでした。
今日のコースです↓
170813000.jpg
自宅スタート時刻は正午前(遅っ!)
すでに気温は30℃を越えていました。
引地川を南下し、まず鵠沼橋から江の島を眺めます。
引地川河口も海水浴客でにぎわってました(昔はここに鵠沼プールガーデンがあったことが懐かしい...)
170813001.jpg
ちなみに上の写真の照明灯にいるカモメは造り物ではありません。
↓拡大
170813002.jpg
いつ来てもカモメ君のお気に入りスポットの様ですね(笑)
R134で鵠沼海岸、片瀬江ノ島前を通過して片瀬東浜を眺めると...
人・人・人。イモ洗い状態です。。。
170813003.jpg
沖の方にはヨットが楽しそうです
170813003-1.jpg
腰越~小動を走ると鎌倉高校前駅で江ノ電が通過
170813004.jpg
車内を見たら、ラッシュアワーのように大混雑の様子でした
七里ヶ浜までは渋滞中の路肩を走って、稲村ヶ崎
170813005.jpg
これから向かう三浦方面は青空です
稲村ヶ崎から由比ヶ浜までは海水浴客がビーチに入っていると思われる時間帯によりR134の交通量は以外に流れて快走
170813006.jpg
滑川より逗子へ向かいます。
由比ヶ浜も材木座海岸も物凄い人出でした
R134のトンネル2つ抜けて、視界に飛び込んできた逗子海岸の様子
170813007.jpg
鮮やかなパラソルがところ狭しと建ち並び、この混雑ぶりは湘南らしい夏の風物詩ですね
逗子の渚橋交差点を今日は直進し長柄経由で葉山御用邸前まで迂回します。
そして葉山御用邸よりR134の緩い坂を登ると長者ヶ崎に到着
おなじみのヨット型のマイルストーン
170813008.jpg
長者ヶ崎から直線距離で10km先にある江の島 西側の空は少しどんよりしています
170813009.jpg
そして長者ヶ崎駐車場奥に進むと、南方面の青空と綺麗な海
海の色が長者ヶ崎を挟んで西と南でこんなに違うとは不思議な感じがします
170813010.jpg
自販機で冷たい缶コーヒーで一息入れてから三浦方面へ向かいます。
長者ヶ崎からは横須賀市に入り...
170813011.jpg
秋谷海岸~大楠山入口~林交差点~荒崎入口を一気に走り抜けてから三浦市に入ります。
秋谷では事故渋滞中でしばらく停滞。
林~初声あたりの反対車線ではところどころで大渋滞が発生し、帰路のことが心配になるシーンも(笑)
その後、初声から引橋まで続く緩やかな坂をヒルクライム
170813012.jpg
京急三崎口駅前に到着
ここは品川駅から始まる京浜急行の終着駅です。
付近には帰路に就く大勢の海水浴客と思われる人が窺えました
170813013.jpg
さらにユルユルとした坂道を登り切ると引橋交差点に到着
直進して城ヶ島へ向かいます。
170813014.jpg
なだらかな下り坂をしばらく走り、城ヶ島大橋に到着
城ヶ島大橋は自転車での通行は無料により、ゲートではお姉さん?にハンドサインして通過しました
170813015.jpg
橋の上からの眺望
三崎港に戻ってくる漁船を何台か見ました
170813016.jpg
橋を渡り、ループ状の道をしばらく進んで城ヶ島の一番奥に到着
170813017.jpg
本当ならここでランチと思っていたのですが、暑くてまったく食欲なし。。
ローディご用達の「しぶき亭」はこの時間せっかく座れそうだったものの、今日は外でソフトクリーム!(笑)
あっという間に体内に吸収されました。。。
170813018.jpg
城ヶ島を後にし、剣崎方面:県道215号線で三浦半島南端を走ります
170813018-1.jpg
道沿いには数多くのスイカやメロンの直売店が 今が旬ですね
170813019.jpg
大きなスイカが並んでます(お店の人の掲載許可を頂き撮影させてもらいました)
170813019-1.jpg
軒先に立ち寄るとスイカの値段は大きいもので2000円オーバー!
とにかく立派なスイカでした(笑)
少し進むと風力発電所の風車が登場
170813020.jpg
左手には広大な大地。もう少ししたら名産品の三浦大根などを作付けするのでしょうか
170813021.jpg
毘沙門天、江奈湾へのアップダウンを2度ほど繰り返した後は、ろんぐらいだぁすで有名な亜美ちゃん坂へ
アニメは詳しくないのですが、この坂だけはしっかり覚えています。
170813022.jpg
というのも、過去2度ほど三浦半島一周ライド時に登りましたが、特にクロスバイク初心者(買って2ヶ月)の頃にこの亜美ちゃん坂に挑戦した際は、坂の途中で完敗したことがあったからです(笑)
あの日以降、他のブログを拝見しているうちに通称:亜美ちゃん坂だったということを知りました。
今日は下り坂なので気持ちよくダウンヒル[右斜め下]
下りきって金田湾沿いに北上し三浦海岸へ
ところが三浦海岸までの道がまたしても大渋滞中で、海水浴客も歩く路肩を交差点まですり抜けるまでヒヤヒヤしました。
三浦海岸交差点のシンボル:マックも健在ですね。
170813023.jpg
三浦海岸交差点を左折しR134を使ってユルユルとヒルクライムし、先ほど通った引橋交差点まで戻り、その後は大渋滞中のR134をしばらく下って行きます。
引橋~三浦縦貫道林入口まで大渋滞中でした。
やがて三浦市から横須賀市へ入ります。
170813024.jpg
この辺りで暑さで頭がボーッとしてきたので、自販機で水を買って頭から被ってリフレッシュ!
真夏のライド時はこの瞬間が一番たまりません。
林から秋谷までの区間は道路はガラガラで快走し立石海岸で小休止
170813025.jpg
これから帰る北西の空には怪しげな雲
170813026.jpg
そして長者ヶ崎を少し眺めた後、葉山御用邸前をいつもの感覚でそのまま直進してしまい失敗。
その後はあとの祭り...葉山元町、葉山マリーナで超渋滞!
こうなることも想定内でしたが道幅が狭いので仕方なし。
やはり夏場は長柄経由で迂回した方が良さそうです。
170813027.jpg
逗子の渚橋よりR134で鎌倉まで戻る際も材木座海岸手前のトンネルあたりから滑川~由比ヶ浜まで大渋滞
16時30分でも材木座海岸由比ヶ浜のビーチはまだたくさんの人
ビーチにも道路にもこれだけ人と車が密集している光景を見てしまうと、ロードバイクで走っているとはいえ、うまくここから抜け出して帰れるものかと不安になるほど...(笑)
由比ヶ浜から稲村ヶ崎へと続く緩い坂道を登り稲村ヶ崎に到着
最後は稲村ヶ崎で小休止。日焼けによる半袖ジャージ、レーパンの線で肌の色が白黒クッキリ(笑)
170813028.jpg
今日は渋滞のストレスもあったのか70km過ぎたあたりから疲労感が出たものの、夕方太陽が雲に隠れ海からの涼風に助けられました。
という感じで、お盆ビーチ巡りライドは色々な意味で予想通りの結果となりました(笑)
■走行距離      93km
■消費カロリー 2,056Kcal

nice!(42)  コメント(18) 
共通テーマ:スポーツ

早戸川源流の名瀑巡りと蛭ヶ岳を周回登山 [山関連]

17hayato y005.jpg
<早戸大滝 ~幻の大滝~>
2017年8月11日 山の日
今日からお盆期間に入りましたが、外はあいにくの雨。
天候的にもロードバイクに乗れなさそうな日々が続きそうなので、今日は山の日にちなんで先月登って来た山ネタを綴ってみます
コースは丹沢山塊の最高峰:蛭ヶ岳から流れ出る早戸川源流の名瀑を巡りつつ、蛭ヶ岳もピークハントするというチョット欲張りなコースです。
今回歩いたコースのポイントについて簡単に紹介します。
★早戸川
早戸川は丹沢山塊の最高峰蛭ヶ岳や丹沢山、袖平山付近の姫次を源頭とし扇状に幾重もの沢の水を寄せ集めながら宮ヶ瀬湖まで一気に流れ落ちるという比較的急流な川で、中流部は大岩が形成するゴーロ帯が特徴的で、渓流釣りを趣味とする人の中でも特に源流志向を好む人にとても知名度が高い神奈川県内屈指の渓流です。
下流部には早戸川国際マス釣り場やリバスポット早戸など、とても人気のある管理釣り場も長年営業しており、一説によれば規模的に日本一の有料渓流釣り場とも言われています。
★早戸大滝
日本の滝100選にも選ばれている落差50mの滝です。
通称:幻の大滝
アクセスは早戸川林道魚止橋より片道約2時間弱の山歩きです。
早戸川の水量次第ですが、基本的に登山靴のみでアクセスできます。
★蛭ヶ岳(ひるがたけ)
丹沢山塊の最高峰 標高1,673m つまり神奈川県で一番高い山になります。
蛭ヶ岳までの登山道は様々なルートがありますが、最短時間で登るなら青根登山口で片道4時間30分
★原小屋沢
早戸川上流にある雷平で川は二股に別れ、右側が原小屋沢(左側は本谷沢)です。
原小屋沢は沢登りとしても有名で沢で、遡行グレード「1級上」の沢です(初心者向け)
随所に現れる滝の名称からも古来から歩かれていることがうかがえ、クラシックルートとも言われています。
原小屋沢を詰め上がれば丹沢主脈登山道の原小屋平に出ます。
★雷滝
早戸川の上流:原小屋沢にある名前の如く轟音を響かせながら流れ落ちる名瀑 落差20mの滝です。
魚止橋より雷平を経由して向かって右手方面へ流れる原小屋沢沿いの破線ルートを歩くと辿りつけます。
早戸川林道魚止橋より片道約2時間弱の山歩き
早戸川の水量次第ですが、基本的に登山靴のみでアクセスできます。
★ガータゴヤの滝
早戸川源流の沢:原小屋沢の源流部にあり、丹沢を好まれる山屋の間では結構有名なとても美しい滝です。
落差は約30m
アプローチは原小屋沢を沢登りして辿り着くのが一般的 沢装備と沢登りのスキルが必要です。
神奈川.jpg
↓赤い線が今回歩いたルートです(約半分はバリエーションルートです)
17hayato y2000.jpg
早朝、早戸川林道を車で進み、魚止橋に車を駐車し出発です 
170708 早戸大滝、ガータゴヤ滝007.JPG
早戸川沿いの道(一部区間少し危険な箇所あり)を進みます
出発から50分ほどで雷平に到着 ここは大滝沢方面(早戸大滝)と原小屋沢の分岐点です
17hayato y2012.jpg
雷平は幽邃な山峡により、かつては鹿や野猿の楽園だったようです。
雷平より左側に流れ込む本谷沢沿いの道を歩いていくと早戸大滝に到着
「幻の大滝」といわれるのは、ここまでのアプローチの長さと滝手前の大岩により、滝全体が見ることが出来ないのが所以のようです
17hayato y004.jpg
滝全体を見るために釜の下まで回り込みます。
落差50m マイナスイオンたっぷりでした[晴れ]
神奈川県で名滝100選に選ばれているのは、この早戸大滝と山北町にある酒水ノ滝のみです
大滝をたっぷり鑑賞した後は、大滝新道といわれる踏み跡の道を登って行きます。
17hayato y2001.jpg
かなりの急斜面を登ります。
この日は夏日ですでに全身汗だく...
沢靴も担いできたので、ボディブローのように体力が消耗します。
17hayato y2002.jpg
しばらく続いた登りを終えると、丹沢山~蛭ヶ岳へと続く丹沢主脈登山道に合流
170708 早戸大滝、ガータゴヤ滝023.JPG
丹沢山~塔ノ岳へ続く稜線が見えます
170708 早戸大滝、ガータゴヤ滝022.JPG
まずは不動ノ峰へ登ります。
この不動ノ峰の標高は1,614m
山の名前としてはマイナーですが、実は丹沢では蛭ヶ岳に次いで2番目に高いピークなんです。
170708 早戸大滝、ガータゴヤ滝024.JPG
とても暑い灼熱の道を縦走し、なんどかアップダウンを繰り返して鬼ヶ岩に到着
17hayato y2003.jpg
↑鬼ヶ岩と蛭ヶ岳を撮影
鬼ヶ岩は蛭ヶ岳方面から眺めると鬼の角のように見えることが名前の所以のようです
空気の澄んだ5月や秋、冬に訪れるとここから富士山の眺めがとても良いです。
この付近にある鬼ヶ岩の頭というピークは先ほどの不動ノ峰に続き、丹沢で三番目の標高1,608mです。
鬼ヶ岩からは少し下り、再び蛭ヶ岳へ続く最後の登り
夏の丹沢らしく緑が綺麗です
17hayato y2004.jpg
ようやく蛭ヶ岳に到着
少し前に霧が出て来て視界は真っ白...
17hayato y2005.jpg
蛭ヶ岳は標高1,673m 神奈川県で一番高い場所です。
個人的には通算8度目の登頂となります。
山頂で昼飯を食べてから姫次方面へ続く登山道を下っていきます
17hayato y2006.jpg
しばらく下ってから又兵衛沢という涸れた沢に入ります(バリルートです)
170708 早戸大滝、ガータゴヤ滝040.JPG
こちらもテクテクとくだります
17hayato y2007.jpg
やがて、原小屋沢源流部に合流
持参した沢靴に履き替えてから原小屋沢を沢登りではなく沢下り
170708 早戸大滝、ガータゴヤ滝045.JPG
原小屋沢への沢登りの経験は何度かあるものの、やはり油断禁物。
慎重にトラバースします。
そしてついに...
17hayato y006.jpg
ガータゴヤの滝 落差30m
丹沢では知る人ぞ知るとても綺麗な美滝です。
誰もいない滝をしばらく独占し鑑賞してから、コンパスと地形図を取り出してすぐ横の急斜面の尾根をしばらく登っていきます
17hayato y2008.jpg
この急斜面の尾根で標高差200mほど登り返します。
かなりキツイです(笑)
しばらくすると市原新道というバリルートに合流し、再び急斜面を下っていきます
17hayato y2009.jpg
そして再び原小屋沢まで下り、今日3つ目の名瀑へ
17hayato y2010.jpg
雷滝[雷] 落差20m
17hayato y2011.jpg
この日の雷滝は水量が少なく、本来の轟音とまではいきませんでした(少しだけ残念)
あとは雷平まで戻り、朝歩いて来たコースで魚止橋まで戻りました。
170708 早戸大滝、ガータゴヤ滝056.JPG
早朝から日没まで約半日間掛かりましたが、この日の暑さは想定外で沢の水に何度も救われました。
たっぷり歩いて綺麗な滝の前でマイナスイオンをたっぷりと浴びれたことは良かったのですが、稜線歩きではたっぷり日差しを浴びたことは予想外でしたので、この日は熱中症一歩手前になるほどハードな山歩きとなりました(笑)
■歩行距離 23km
■累積標高 2,055m
■消費カロリー (推定)5,000Kcalオーバー

タグ:登山 沢登り
nice!(43)  コメント(14) 
共通テーマ:スポーツ

涼しい林道ライドへ 日向林道~仁ヶ久保林道~浅間山林道など [東丹沢・ヤビツ・宮ヶ瀬方面]

170805001-1.jpg
2017年8月5日
台風も近づきスッキリしない天気の中、表丹沢の林道ライドをして来ました。
辿ったコースは日向林道~仁ヶ久保林道~浅間山林道
今日走った林道ではいかにも野生動物と遭遇しそうな雰囲気でしたので日向渓谷で見た冒頭の写真にしてみました...
表丹沢上空には怪しげな雲が終始漂っていたので林道ライドの後は麓の道を走った後、松田まで下ってから周回して来ました。
170805001.jpg
170805042.jpg
↑標高グラフです。前半のピークが仁ヶ久保林道、後半が浅間山林道です。
170805アース.jpg
170805地形図.jpg
10時30分頃自宅を出発し、R134で湘南大橋(相模川)を渡ります
170805002.jpg
気温計は28℃ 今日は雲が多く、それほど気温も上がらずに快適なライドが出来ました
170805003.jpg
平塚市内に入ってから、県道61号で伊勢原方面へ北上します
170805004.jpg
これから向かう大山方面はどんより曇り空
170805005.jpg
伊勢原駅を過ぎ日向方面へ左折します
170805006.jpg
道沿いには栗の実
170805007.jpg
日向川沿いに続く細い道をヒルクライム
するとこの標識が現れました(笑)
170805001-1.jpg
このエリアはまだ標高が低いものの、野性動物が結構生息しているようです
さらに進むとキャンプ場からのバーベキューのいい薫りが漂ってきます
170805008.jpg
木陰により先ほどまでと比べ、かなり涼しくなりました。
といい感じでペダルを回していると、突如16%勾配の標識が登場!
170805001-2.jpg
ロードバイクでは久しぶりに見る標識だったので思わず立ち止まってしまいました(笑)
そう言えば昨年の今頃、このコースを下って来た際にかなりの急坂だった記憶が今更ながら蘇えり...
170805009.jpg
申し分ないくらいの激坂を何とか登って行くと、右手に浄発願寺奥の院という史跡に到着
ここは江戸時代に男の駆け込み寺として繁栄したそうです。
170805010.jpg
日向川の清流もなかなかいい雰囲気
170805011.jpg
再び激坂を登り切ると、日向林道入口に到着
170805012.jpg
ゲート脇にある湧き水を頭からかぶりクールダウンしてからジワジワと登って行きます。
真夏のライド時はこんなシーンが楽しみのひとつです(笑)
170805013.jpg
鬱蒼とした樹林帯をヒルクライム
170805014.jpg
日向山方面の眺め
170805015.jpg
標高500mほどで仁ヶ久保林道の分岐点に到着
左に曲がりゲート脇を通過して仁ヶ久保林道に入ります
170805016.jpg
去夏ここに来た際は、蜩の大合唱でしたが、今日はとても静か...
170805017.jpg
しばらく下って行くと左手に視界が開ける場所に到着
170805018.jpg
厚木方面の眺望 今日は遠くまで見渡せませんでした
170805019.jpg
仁ヶ久保林道独特の小数点以下の勾配標識も随所に...
急坂を一気に下り大山道に出ます。
170805019-1.jpg
大山ケーブルカー乗り場方面にユルユルと登ると阿夫利神社の鳥居を通過
やがて清水屋に到着
清水屋さんの名物:かき氷を食べようと思いつつも、雨が降り出さないようにそのまま脇から浅間山林道に入り、再びヒルクライム
170805020.jpg
浅間山林道のコーススペックは距離11km
比較的距離もあり途中九十九折の区間もありますが、先ほど走って来た日向渓谷沿いの激坂や仁ヶ久保林道の急坂に比べればそれほどキツさは感じない勾配だと思います。
170805021.jpg
今年2月に阿夫利林道で大山寺まで訪れましたが、今日もガラガラ
やがて浅間山林道分岐ゲート前に到着 ここを左に入ると浅間山林道です
ちなみに大山寺まで登る場合は直進です
170805022.jpg
少し登ると、前方になにやら真新しい堰堤が...
良く見たら去年完成したばかりでした
170805022-2.jpg
さらに登ると、送電線が縦断する場所に
こんな山奥の高い場所を連なって造る技術に改めて凄いなぁと感心しました
170805022-1.jpg
しばらくヒルクライムすると秦野市の看板を通過
170805023.jpg
標高は最高地点で480mほどですが、鹿の足跡なども見受けられたので山奥感を存分に楽しめました
170805024-1.jpg
大山古道の標識もあったりと何かと歴史を感じるスポットです
170805025.jpg
今日は涼しかったので疲労感もあまり感じずにここまでこれたので、もう一本林道を登ろうとも思っていたものの、塔ノ岳方面に掛かる怪しげな雲がどうも気になる...
170805026.jpg
そのまま蓑毛バス停まで下ってから、丹沢山麓沿いに渋沢方面へ走ることに
170805027.jpg
名古木方面へ下る際、この時間と天候でもヤビツアタックと思われるローディ3台とすれ違いました。
その姿を見てちょっとだけ登ってみても良かったかな...と少し心残り(苦笑)
しばらく下り旧デイリーヤマザキの信号を右折して菩提方面へ向かいます。
この道もアップダウンがあり、結構楽しめます
170805028.jpg
茶畑の向こうに先週訪れた渋沢丘陵
170805029.jpg
しばらく走って水無川を渡り、堀川交差点を右折して四十八瀬川のピンク橋へ
この道もいい雰囲気ですね
170805030.jpg
才戸橋より四十八瀬川
蛍の生息地とはとても貴重なスポットですね
170805031.jpg
寄方面へ向かう途中、さきほどまで走ってきた浅間山方面
変わらず雲が漂ってます
170805032.jpg
そのまま道なりに進み、R246に出てから松田方面へ下って...
いつも帰路の登りでしか走らないR246のこの区間を下り、とても爽快な気分に浸りました...(笑)
170805033.jpg
籠場交差点より少し進んで松田の7-11で今日初の大休憩
バイクラックもあり便利ですね
170805035.jpg
ベンチに座りカフェラテとサイダー風味のCoolishでとても至福な時間を過ごしました。
170805034.jpg
帰路は籠場よりR255~県道72号で国府津へ
下界は太陽が出て来て青空に..
170805036.jpg
これまで松田からの帰路はR246か県道77号がほとんどだったので、県道72号を走るのは久しぶり
交通量が多く路肩が狭くてイマイチだから敬遠してたけど、松田~国府津まで約10kmをベタフラットでスピードが出せるのでたまにはいいかも
170805036-1.jpg
そして国府津駅で小休止
今日は多くの人で賑わっていました。
170805037.jpg
あとはいつもどおりR1で大磯方面へ
170805038.jpg
大磯の照ヶ崎海岸へ
台風が近づいているとは思えないほどとても静かな海 まさに嵐の前の静けさ
170805039.jpg
大磯よりR134で花水橋へ
湘南平の向こう側に雲の間から出てきた夕陽を眺めてから無事帰宅
170805041.jpg
真夏とはいえとても涼しげな表丹沢の林道ライドでした。
2週連続で怪しげな雲の下でのライドでしたが、気温に関してはこれくらいの暑さがちょうど良さそうです。
■走行距離 107km
■獲得標高 1,440m
■消費カロリー 2,637kcal

nice!(36)  コメント(16) 
共通テーマ:スポーツ