So-net無料ブログ作成
検索選択
東丹沢・ヤビツ・宮ヶ瀬方面 ブログトップ

涼しい林道ライドへ 日向林道~仁ヶ久保林道~浅間山林道など [東丹沢・ヤビツ・宮ヶ瀬方面]

170805001-1.jpg
2017年8月5日
台風も近づきスッキリしない天気の中、表丹沢の林道ライドをして来ました。
辿ったコースは日向林道~仁ヶ久保林道~浅間山林道
今日走った林道ではいかにも野生動物と遭遇しそうな雰囲気でしたので日向渓谷で見た冒頭の写真にしてみました...
表丹沢上空には怪しげな雲が終始漂っていたので林道ライドの後は麓の道を走った後、松田まで下ってから周回して来ました。
170805001.jpg
170805042.jpg
↑標高グラフです。前半のピークが仁ヶ久保林道、後半が浅間山林道です。
170805アース.jpg
↑Google Earth
10時30分頃自宅を出発し、R134で湘南大橋(相模川)を渡ります
170805002.jpg
気温計は28℃ 今日は雲が多く、それほど気温も上がらずに快適なライドが出来ました
170805003.jpg
平塚市内に入ってから、県道61号で伊勢原方面へ北上します
170805004.jpg
これから向かう大山方面はどんより曇り空
170805005.jpg
伊勢原駅を過ぎ日向方面へ左折します
170805006.jpg
道沿いには栗の実
170805007.jpg
日向川沿いに続く細い道をヒルクライム
するとこの標識が現れました(笑)
170805001-1.jpg
このエリアはまだ標高が低いものの、野性動物が結構生息しているようです
さらに進むとキャンプ場からのバーベキューのいい薫りが漂ってきます
170805008.jpg
木陰により先ほどまでと比べ、かなり涼しくなりました。
といい感じでペダルを回していると、突如16%勾配の標識が登場!
170805001-2.jpg
ロードバイクでは久しぶりに見る標識だったので思わず立ち止まってしまいました(笑)
そう言えば昨年の今頃、このコースを下って来た際にかなりの急坂だった記憶が今更ながら蘇えり...
170805009.jpg
申し分ないくらいの激坂を何とか登って行くと、右手に浄発願寺奥の院という史跡に到着
ここは江戸時代に男の駆け込み寺として繁栄したそうです。
170805010.jpg
日向川の清流もなかなかいい雰囲気
170805011.jpg
再び激坂を登り切ると、日向林道入口に到着
170805012.jpg
ゲート脇にある湧き水を頭からかぶりクールダウンしてからジワジワと登って行きます。
真夏のライド時はこんなシーンが楽しみのひとつです(笑)
170805013.jpg
鬱蒼とした樹林帯をヒルクライム
170805014.jpg
日向山方面の眺め
170805015.jpg
標高500mほどで仁ヶ久保林道の分岐点に到着
左に曲がりゲート脇を通過して仁ヶ久保林道に入ります
170805016.jpg
去夏ここに来た際は、蜩の大合唱でしたが、今日はとても静か...
170805017.jpg
しばらく下って行くと左手に視界が開ける場所に到着
170805018.jpg
厚木方面の眺望 今日は遠くまで見渡せませんでした
170805019.jpg
仁ヶ久保林道独特の小数点以下の勾配標識も随所に...
急坂を一気に下り大山道に出ます。
170805019-1.jpg
大山ケーブルカー乗り場方面にユルユルと登ると阿夫利神社の鳥居を通過
やがて清水屋に到着
清水屋さんの名物:かき氷を食べようと思いつつも、雨が降り出さないようにそのまま脇から浅間山林道に入り、再びヒルクライム
170805020.jpg
浅間山林道のコーススペックは距離11km
比較的距離もあり途中九十九折の区間もありますが、先ほど走って来た日向渓谷沿いの激坂や仁ヶ久保林道の急坂に比べればそれほどキツさは感じない勾配だと思います。
170805021.jpg
今年2月に阿夫利林道で大山寺まで訪れましたが、今日もガラガラ
やがて浅間山林道分岐ゲート前に到着 ここを左に入ると浅間山林道です
ちなみに大山寺まで登る場合は直進です
170805022.jpg
少し登ると、前方になにやら真新しい堰堤が...
良く見たら去年完成したばかりでした
170805022-2.jpg
さらに登ると、送電線が縦断する場所に
こんな山奥の高い場所を連なって造る技術に改めて凄いなぁと感心しました
170805022-1.jpg
しばらくヒルクライムすると秦野市の看板を通過
170805023.jpg
標高は最高地点で480mほどですが、鹿の足跡なども見受けられたので山奥感を存分に楽しめました
170805024-1.jpg
大山古道の標識もあったりと何かと歴史を感じるスポットです
170805025.jpg
今日は涼しかったので疲労感もあまり感じずにここまでこれたので、もう一本林道を登ろうとも思っていたものの、塔ノ岳方面に掛かる怪しげな雲がどうも気になる...
170805026.jpg
そのまま蓑毛バス停まで下ってから、丹沢山麓沿いに渋沢方面へ走ることに
170805027.jpg
名古木方面へ下る際、この時間と天候でもヤビツアタックと思われるローディ3台とすれ違いました。
その姿を見てちょっとだけ登ってみても良かったかな...と少し心残り(苦笑)
しばらく下り旧デイリーヤマザキの信号を右折して菩提方面へ向かいます。
この道もアップダウンがあり、結構楽しめます
170805028.jpg
茶畑の向こうに先週訪れた渋沢丘陵
170805029.jpg
しばらく走って水無川を渡り、堀川交差点を右折して四十八瀬川のピンク橋へ
この道もいい雰囲気ですね
170805030.jpg
才戸橋より四十八瀬川
蛍の生息地とはとても貴重なスポットですね
170805031.jpg
寄方面へ向かう途中、さきほどまで走ってきた浅間山方面
変わらず雲が漂ってます
170805032.jpg
そのまま道なりに進み、R246に出てから松田方面へ下って...
いつも帰路の登りでしか走らないR246のこの区間を下り、とても爽快な気分に浸りました...(笑)
170805033.jpg
籠場交差点より少し進んで松田の7-11で今日初の大休憩
バイクラックもあり便利ですね
170805035.jpg
ベンチに座りカフェラテとサイダー風味のCoolishでとても至福な時間を過ごしました。
170805034.jpg
帰路は籠場よりR255~県道72号で国府津へ
下界は太陽が出て来て青空に..
170805036.jpg
これまで松田からの帰路はR246か県道77号がほとんどだったので、県道72号を走るのは久しぶり
交通量が多く路肩が狭くてイマイチだから敬遠してたけど、松田~国府津まで約10kmをベタフラットでスピードが出せるのでたまにはいいかも
170805036-1.jpg
そして国府津駅で小休止
今日は多くの人で賑わっていました。
170805037.jpg
あとはいつもどおりR1で大磯方面へ
170805038.jpg
大磯の照ヶ崎海岸へ
台風が近づいているとは思えないほどとても静かな海 まさに嵐の前の静けさ
170805039.jpg
大磯よりR134で花水橋へ
湘南平の向こう側に雲の間から出てきた夕陽を眺めてから無事帰宅
170805041.jpg
真夏とはいえとても涼しげな表丹沢の林道ライドでした。
2週連続で怪しげな雲の下でのライドでしたが、気温に関してはこれくらいの暑さがちょうど良さそうです。
■走行距離 107km
■消費カロリー 2,637kcal

nice!(36)  コメント(16) 
共通テーマ:スポーツ

猛暑日の山里ライド 宮ヶ瀬湖~道志ダム~大垂水峠 [東丹沢・ヤビツ・宮ヶ瀬方面]

170715 宮ケ瀬~道志ダム~大垂水峠020.jpg
<道志ダム付近より北丹沢:袖平山>
2017年7月15日 猛暑日[晴れ]
梅雨期間中にもかかわらずとても暑い日々が続く中、三連休初日は炎天下のもと宮ケ瀬湖~道志ダム~大垂水峠など巡って来ました。
少し重くなりますが今日は出来るだけ自身の自転車での未開の地を走りたかったので、行く宛てもなくどこでも輪行出来る装備(輪行バッグ、着替え類、トレッキングシューズ)を登山用25Lリュックに押し込んでスタートです(気合十分!)
170715 宮ケ瀬~道志ダム~大垂水峠000.jpg
自宅を9時30分過ぎ出発
茅ヶ崎サザンビーチは海の家も建並びすっかり真夏の雰囲気です
170715 宮ケ瀬~道志ダム~大垂水峠001.jpg
烏帽子岩もしっかり見えますね
170715 宮ケ瀬~道志ダム~大垂水峠001-1.jpg
R134を西進し湘南大橋(相模川)へ
気温計はすでに27℃を表示
今日も暑くなりそうです...
170715 宮ケ瀬~道志ダム~大垂水峠002.jpg
平塚より県道61号を北上
大山と丹沢山塊 すっかり夏の光景
170715 宮ケ瀬~道志ダム~大垂水峠003.jpg
田んぼの緑が鮮やかです
そして伊勢原市に入ります
津久井まで34km
170715 宮ケ瀬~道志ダム~大垂水峠004.jpg
R246交差点をクロスしそのまま県道63号で宮ヶ瀬方面へ走ります
それにしてもカンカン照り[晴れ]で暑すぎる
170715 宮ケ瀬~道志ダム~大垂水峠005.jpg
しばらく進み土山峠へヒルクライム
170715 宮ケ瀬~道志ダム~大垂水峠006.jpg
土山峠に到着
既に全身汗だく...
170715 宮ケ瀬~道志ダム~大垂水峠007.jpg
宮ヶ瀬湖の貯水量が少ないです
170715 宮ケ瀬~道志ダム~大垂水峠008.jpg
湖沿いに進みます
この付近の気温計は32℃を表示 まだまだ気温上昇する予感...
170715 宮ケ瀬~道志ダム~大垂水峠009.jpg
このあたりで多くのローディとすれ違いました
170715 宮ケ瀬~道志ダム~大垂水峠010.jpg
やまびこ大橋より丹沢方面
170715 宮ケ瀬~道志ダム~大垂水峠011.jpg
宮ヶ瀬園地~虹の大橋~鳥屋を走り抜けてR413(道志みち)に入ります
170715 宮ケ瀬~道志ダム~大垂水峠012.jpg
それにしても暑すぎて、ペダルが回りません(苦笑) 
先週丹沢へハードな滝巡りをしてきたときの疲労がまだ抜け切れていないのかな~
取りあえず行けるところまで灼熱の道志みちを西進します
170715 宮ケ瀬~道志ダム~大垂水峠013.jpg
7-11津久井青野原店で休憩
多くのライダーで賑わっていました
170715 宮ケ瀬~道志ダム~大垂水峠014.jpg
その後も道志みちを進み、青根地区へ
こちらでも缶ジュースを買って休憩 今日は何度も缶ジュースを購入して休憩しました
ここ青根地区は丹沢最高峰の蛭ヶ岳への登山口でもあり最短ルート(CTで4時間ほど)で登れるので何度かここからも登ったことがあります。
170715 宮ケ瀬~道志ダム~大垂水峠015.jpg
ここでルートを藤野方面へ向かうことに決めました。
神之川を遡り犬越路か(実はトレッキングシューズも担いで来ました)、秋山川経由で大月か、さらに甲府方面かとも考えていましたが、時間的にも今日の身体のコンディションでは厳しそう(笑)
結局、藤野~相模湖~大垂水峠へ向かうことにしました(かなり弱気な判断..)
青根より県道76号で藤野へ向かいます
170715 宮ケ瀬~道志ダム~大垂水峠016.jpg
道志ダム(奥相模湖)に到着
170715 宮ケ瀬~道志ダム~大垂水峠017.jpg
眼下には道志川の清流
170715 宮ケ瀬~道志ダム~大垂水峠018.jpg
静かな奥相模湖
170715 宮ケ瀬~道志ダム~大垂水峠019.jpg
少し進むと北丹沢:姫次~袖平山の稜線が見えます
とても良い眺めです
170715 宮ケ瀬~道志ダム~大垂水峠020.jpg
トンネルの中は天然クーラー
170715 宮ケ瀬~道志ダム~大垂水峠021.jpg
しかしながら暑すぎて道沿いにあるハッピードリンクの自販機で水を購入し頭から浴びて冷やしました
170715 宮ケ瀬~道志ダム~大垂水峠022.jpg
藤野やまなみ温泉前を通過
まだ先があるので立ち寄らずにスルー
170715 宮ケ瀬~道志ダム~大垂水峠023.jpg
やがて桂川に掛かる日連大橋へ
170715 宮ケ瀬~道志ダム~大垂水峠024.jpg
穏やかな桂川
170715 宮ケ瀬~道志ダム~大垂水峠025.jpg
藤野よりR20(甲州街道)で相模湖方面へ
170715 宮ケ瀬~道志ダム~大垂水峠026.jpg
R20は交通量も多く神経を遣いました
170715 宮ケ瀬~道志ダム~大垂水峠027.jpg
相模湖駅で小休止
170715 宮ケ瀬~道志ダム~大垂水峠028.jpg
この時点でかなりの疲労感でしたが、大垂水峠へ向かいます
170715 宮ケ瀬~道志ダム~大垂水峠029.jpg
とにかく暑い...
170715 宮ケ瀬~道志ダム~大垂水峠030.jpg
相模湖側から登る大垂水峠は距離4km 平均勾配5%ほど
これまで登って来た峠道に比べればそれほどキツくはないのですが、R20ということで交通量が多いことがネックでしょうか?
それでも今日は疲れが溜まっていたようで脚が攣りそうになりながらもヒルクライム
170715 宮ケ瀬~道志ダム~大垂水峠031.jpg
やがて大垂水峠に到着 自転車で来たのは初めて
170715 宮ケ瀬~道志ダム~大垂水峠032.jpg
峠にある富士見屋さんへ
ここは湧水を使ったラーメンが有名のようですね
170715 宮ケ瀬~道志ダム~大垂水峠034.jpg
店内には有名人の色紙など飾ってあり、とても親しまれている雰囲気です。
チャーシュー麺はすでに売り切れにより、冷やし中華をオーダー
170715 宮ケ瀬~道志ダム~大垂水峠033.jpg
濃い目の湧き水スープが疲れ切った身体に染み渡りました とても満足の一杯でした
後は大垂水峠から一気に下ります
170715 宮ケ瀬~道志ダム~大垂水峠035.jpg
車では何度か走ったことがある道ですが、自転車では「お初」なので何かと不慣れな感じのまま町田街道をしばらく走ります
170715 宮ケ瀬~道志ダム~大垂水峠036.jpg
R16に出てから最後の力を振り絞って橋本駅へ
170715 宮ケ瀬~道志ダム~大垂水峠037.jpg
橋本駅より輪行して帰宅
今日は真夏日により想像以上に疲れましたが、静かな山里ライドが出来て良かったです。
・走行距離      102km
・獲得標高     +1663m
・消費カロリー   2,314kcal

nice!(45)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

大山寺へ(浅間山林道~阿夫利林道) [東丹沢・ヤビツ・宮ヶ瀬方面]

170204-023.jpg

<大山寺>

4日(土)は阿夫利林道で大山寺までヒルクライムして来ました。

大山は丹沢大山国定公園にある神奈川有数の観光地で標高1,252mの山です。

大山寺はその中腹にあり、ケーブルカーで訪れることが一般的ですが自転車でも浅間山林道と阿夫利林道のヒルクライムを凌げば辿りつけることが出来ます。

170204-000.jpg

今日はかなり遅めの13時前に自宅を出発しR134で湘南大橋(相模川)へ

170204-001.jpg

気温12℃ この時期にしては暖かさを感じる一日でした

170204-002.jpg

平塚市に入ってから右折して、県61号で北進します。

170204-003.jpg

平塚市街をしばらく走り抜けると、大山が近づいてきます。

170204-004.jpg

今日は、大山の中腹にある大山寺までヒルクライム

170204-005.jpg

伊勢原よりR246沿いに少し進んで7-11で休憩

170204-006.jpg

休憩後はその先の交差点を右折し、県611号で大山方面へ進みます。

この道は大山ケーブルカー乗り場に続く道なので路面状況もいいです。

170204-007.jpg

なだらかな坂道をいいペースで走ります。

やがてかき氷で有名な清水屋に到着

170204-008.jpg

この左側奥にある浅間山林道に入ります。

170204-009.jpg

交通量もないとても静かな林道をヒルクライム

170204-010.jpg

170204-011.jpg

途中眺めのいい場所も

170204-012.jpg

大山がだいぶ近くに見えます

170204-012-1.jpg

やがて阿夫利林道分岐点に到着

 170204-013.jpg

大山寺の道標

170204-014.jpg

これより阿夫利林道を大山寺まで登ります。

170204-015.jpg

とても静かな山道

170204-016-1.jpg

右手に見える谷を挟んだ反対側の尾根には仁ヶ久保林道のガードレールも確認出来ます。

170204-017.jpg

結構傾斜もある坂道でしたが寒くてほとんど汗も掻かずに登れました。

170204-018.jpg

やがて大山寺が見えてきてゴ~ル!

170204-023.jpg

阿夫利隧道

170204-022.jpg

これより大山寺へ自転車を手押しで遊歩道を下って行きます。

170204-019.jpg

大山寺に到着

奥にはバイクスタンドもありました

170204-020.jpg

ここからの眺め 江ノ島も見えて良い景色です

 170204-021.jpg

大山寺の標高は550mほど

ケーブルカーで訪れたと思われる参拝者が10数名ほど居ました

そのうちの一人の方から「自転車でこんなところまで登って来れるんですか?」と少し驚いた表情で声を掛けられました(笑)

手水で清めてから参拝した後、寒いのですぐに下山します。

170204-024.jpg

下りはあっという間に清水屋へ(かなり寒かった~!)

ここでお店の中に入りお汁粉をオーダー

170204-026.jpg

ストーブで暖をとりながら冷え切った身体にお汁粉を注入

本当に美味しい一杯でした[晴れ]

170204-025.jpg

清水屋からは来た道を戻り伊勢原よりR246で厚木方面へ走り、県22号交差点を右折し戸田方面へ

170204-027.jpg

戸田(R129交差点)より適当に相模川沿いに向かい、ローソン厚木戸田店のイートインコーナーでホットコーヒーを補給後、相模川右岸道路を流します

170204-028.jpg

相模川に架かる新幹線の鉄橋も潜り抜けて

170204-029.jpg

神川橋~銀河大橋へ

170204-031.jpg

銀河大橋より夕陽と富士山

170204-030.jpg

銀河大橋を渡った後は産業道路~柳島経由で海沿いCRへ

170204-032.jpg

日没後に無事帰宅。

午後からのライドでしたが、意外と楽しい走りが出来ました。

■走行距離 73km

■行動時間(休憩時間等含む)5時間03分


nice!(47)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

林道巡りのヒルクライム後に宮ヶ瀬湖まで(仁ヶ久保林道~日向林道~薬師林道~半原越~宮ヶ瀬湖)ロングライド [東丹沢・ヤビツ・宮ヶ瀬方面]

DSC03084-1.jpg

<半原越に向かう林道より辺室山>

2016年7月24日

今日は前半に丹沢前衛の山々の林道ライド、仁ヶ久保林道~日向林道~薬師林道~半原越をヒルクライム三昧し、後半は一転して宮ヶ瀬湖畔より中津川沿いを走りました。

↓ルート全体はこんな感じです

160724ルート.jpg

↓標高グラフは相模川~自宅(往復約20km弱)を除いてます。

160724 標高.jpg

今回の林道巡りコースはこんな感じです↓

アース.jpg

自宅を10時頃出発し、いつものようにR134号で西へ向かいます。

湘南大橋(相模川)の気温計は28℃を表示

八間通り入口交差点を右折して、県道61号で伊勢原方面へ北進

DSC02935.jpg

平塚市街を走り抜けると、向かう大山方面の空

最近、走りに行く際はこんな感じの空模様がとても多い気がします(苦笑)

DSC02939.jpg

伊勢原よりR246号を少し経由し大山方面へ進みます

易住寺を右折し、仁ヶ久保林道へ

DSC02952.jpg

しばらく登っていくとゲートがあり仁ヶ久保林道に入ります。

仁ヶ久保林道は、距離4km弱、平均勾配8%くらいの林道ですが、面白いことに勾配標識が14%、12.7%、10%、10.0%といった少数点があったりなかったりするというユーモアな道でもあります。

DSC02958.jpg

鳥獣慰霊碑

このあたりは猿やイノシシの出没も多いそうです。

仁ヶ久保林道の路面はとても走りやすいものの、そこそこ斜度もキツい区間もあり飽きないです(苦笑)

DSC02965.jpg

14%勾配[右斜め上]

DSC02971.jpg

徐々に高度を上げていきます。

今日はとても涼しくて、絶好のヒルクライム日和といった感じでした。

DSC02973.jpg

12.7% あまり林道では見掛ない小数点表示の標識が多かったです

DSC02975-1.jpg

途中、見晴らしの良い場所へ

伊勢原、厚木方面の眺め 今日は天気予報的にも眺めを期待しないで来たので仕方なし

勾配のキツい区間はこのあたりまでで、この後ユルユルと登っていきます。

DSC02989.jpg

このあたりでは蜩(ヒグラシ)の鳴き声が森全体に響き渡り、しばらく立ち止まって音色に浸りました

やはり森の中は気持ちのいいものです

やがてこの林道のピーク(標高500m位)を越えて、一気に下ります

DSC02990.jpg

ゲートを抜けるとそこから日向林道となり右方向へ下ります。

若干、路面状況は荒れ気味に・・

DSC03001.jpg

やがて日向林道入口ゲートを越えたところにこの看板

やはり山奥感たっぷりの道でした。。。(苦笑)

この前後では熊鈴を鳴らしながら歩く登山者も数名見掛ました。

この後ふれあいの森を過ぎると日向林道も終了

夏休みで大勢で賑わうキャンプ場を横目に日向川沿いを下ります。

DSC03012.jpg

なかなか良い渓相の日向川

結構な急坂を下っていくと、日向薬師方面への薬師林道分岐点に到着

DSC03018.jpg

薬師林道へ入り、なだらかな道を走ります。

DSC03020.jpg

日向薬師前を通り過ぎ、七沢方面へ走り抜けます

DSC03024.jpg

緩やかなアップダウン

DSC03034.jpg

緑の綺麗なポイントもあり、なかなか楽しめました

この後七沢温泉を抜けて、県道64号で宮ヶ瀬方面へ北進

DSC03048.jpg

途中、数年前に出来た7-11厚木七沢北店でおにぎりを買って休憩

この時点で13時過ぎ

今日のメインの半原越へ向かいます

DSC03056.jpg

尾崎、煤ヶ谷を走り抜けると、半原越方面の山並みが近づいてきます。

やがて半原越入口部(リッチランド方面)へ

DSC03059.jpg

ここを右折して、道なりに登って行きます。

しばし登ると法論堂(おろんど)林道起点へ

法論堂林道は勾配約7%ほどです。 

DSC03060.jpg

少し登り車止めゲートを通過

DSC03064.jpg

午後から日差しが強まったものの、今日は心地よい気温でした。

DSC03072.jpg

鬱蒼とした森の中をヒルクライム

途中、辺室山が一望できるポイントへ

昨秋、登山で土山峠から辺室山~大山三峰を縦走し、かなりアップダウンのある登山道を経て大山まで登って蓑毛へまで下ったことを少し思い出しました

月日が経つのはとても早いものです

DSC03084.jpg

自転車でのヒルクライムはツラいものの、少し離れた森から森へ移動できる機敏性があるのが自分にとっての自転車の醍醐味なのかもしれません

やがて半原越に到着

DSC03093.jpg

半原越 標高488mの峠です。

DSC03095.jpg

ようやく登り切ったという達成感よりも、誰もいないヒッソリとした場所により、そそくさと下って行こうと思いました(苦笑)

しばらく下っていくと山路の駅というスポットに到着

DSC03103.jpg

中にはお相撲さんの等身大の人形のようなものが置いてあり、微笑ましい雰囲気でした

DSC03107.jpg

さらに下ると半原側のゲートへ

そういえばさっき他県ナンバーの自家用車に抜かされたけど、無事ここを通過出来たのかな?

DSC03109.jpg

しばらく下ってようやく半原付近の県道514号に出ました

これより、宮ヶ瀬湖畔へ登り返します

DSC03113.jpg

湖畔まで7つくらいのトンネルを抜けていきます。

DSC03114.jpg

途中、宮ヶ瀬ダムが見える場所で思わず撮影(後続車がいないことを確認し安全に停車して)

この後、反対車線にある宮ヶ瀬ダムサイトへの駐車場入口では満車による駐車待ち渋滞が発生していました。

そのまま湖畔道路を走って、やまびこ大橋へ

DSC03124.jpg

明らかに湖面の水位が低下していますね。今夏の水不足問題が心配です。

三叉路(裏ヤビツとの分岐点)をそのまま走って宮ヶ瀬湖畔園地へ

DSC03129.jpg

ゆず風味のソフトクリームで疲れ切った心と身体を満たしました(この時間が今日一番嬉しかった[晴れ]

この時点で15時過ぎ

さて、この後は自宅まで約50kmの長い後半戦が待ってます

宮ヶ瀬湖畔を走り、虹の大橋~鳥井原ふれあい館を走ります。

DSC03137.jpg

R412号に合流してから厚木方面へ下り、半原日向交差点を左折し、県道54号で中津川沿いをしばらく走ります。

オギノパンは時間的に厳しかったので、次回の楽しみにしましょう

DSC03142.jpg

愛川大橋周辺では子供たちが水遊びしていました。

その後、田代(平井大橋)の先の橋を渡って中津川右岸道路で南下します。

DSC03147.jpg

途中より高架部になる区間もあります

DSC03149.jpg

 上の写真の中央上部に見える坂道は大型中年さんのブログでも登場するとても気持ちの良い一直線に続く下り坂です。

 八菅~才戸~妻田(ニトリ前)~R246号~厚木市街~R129号~戸田まで休憩もせずに一気に漕ぎ続けて、スリーFでようやく休憩

DSC03155.jpg

ベンチで腰掛け、アイスコーヒーをがぶ飲み・・

さらに南下し、四之宮を経由し銀河大橋へ

DSC03157.jpg

ここはベンチもあって自転車乗りが良く休憩していますね

西側の空は・・

DSC03159.jpg

右に大山

いい感じで太陽光[晴れ]が降り注いていました。

銀河大橋を渡り、相模川左岸道路経由で馬入橋よりR1号線で帰宅しました。

■走行距離 112km ■平均速度 19.3km/h

■平均心拍 137bpm ■最大心拍 175bpm

■行動時間(走行時間+休憩時間等)7時間39分

■消費カロリー 3,055kcal(EPSONパルセンス)

▲塁積標高(ガーミンbasecamp)±2,270m

▲獲得標高(ルートラボ) 1,724m


nice!(66)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ヤビツ峠~湘南平 猛暑の午後からヒルクライムへ [東丹沢・ヤビツ・宮ヶ瀬方面]

DSC02231.jpg

<菜ノ花台付近からの眺望>

2016年7月3日

今日は午後から猛暑日にもかかわらずヤビツ峠にアタックしてきました。

ヤビツ峠は自転車ブログでも数多く紹介されているほど、神奈川ではとても有名なヒルクライムスポットです。

道のりは国道246号の名古木交差点から丹沢山塊の東部を縦断し宮ヶ瀬まで通じる県道70号線を登っていきます。

そのピークとなる地点がヤビツ峠(標高761m)です。

ヤビツ峠は大山や丹沢表尾根の登山口として秦野駅よりバスが出ていることもあり、山道とはいえ道路もしっかりと整備されているので自転車でもとても走りやすい道です。  

本日のルートです。

160703 .jpg

↓標高は帰路の平塚あたりまでです。

中央がヤビツ峠、右側が湘南平です。

標高の比較ではヤビツ峠は、帰路に登った湘南平の4倍以上あります。

160703標高.jpg

ルート全体イメージ↓

アース2全体.jpg

ここ数週間の睡眠不足も昨夜は久しぶりにぐっすりと眠れ、天気の良い休日はやはりスポーツするしかないという思いから、日曜日の正午過ぎに自宅を出発(最近このパターンが多いです)

いつもどおりR134号を西へ向かいます。

DSC02148.jpg

湘南大橋(相模川)での気温は30度を表示

DSC02151.jpg

相模川河口より太平洋へと向かうジェットスキー

梅雨明けはまだですが、すっかり夏気分ですね

大磯より国道1号で二宮へ

DSC02158.jpg

休日の昼下がりなのか、国道1号は意外とガラガラ・・

二宮交差点より、県道71号で秦野方面へ向かいます。

この道はなだらかな登坂が続きます。地味にヒルクライム開始です。

DSC02169.jpg

道沿いの電光標識は気温36℃を表示!しかも「注意」?

今日は熱中症対策を心掛けないとまずいと感じました。

頭から湧き出る汗が目に入り、何度も目をこするシーンがありました。

DSC02172.jpg

やがて秦野方面への下りに入り、目指すヤビツ峠と大山が近づいてきます

河原町交差点の7-11で休憩し、レッドブルを注入

DSC02176.jpg

金目川のせせらぎを聴きながら少しでも頭に上る気を静めようとしますが、それ以上に今日は暑い!(笑)

DSC02178.jpg

やがて国道246号の名古木へ 

表ヤビツ峠への道のりです↓

アース1ヤビツ.jpg

7-11の駐車場の片隅で、気休めのストレッチを少しだけしてからヤビツ峠へ向けてのヒルクラスタート!

DSC02186.jpg

2箇所の信号も無事クリア 

推定12%勾配が約1km続くといわれる蓑毛の急坂へ突入~ やはりキツい..(大汗)

蓑毛バス停ではちょうど秦野行きバスが停車中で多くの登山者が駆け込んでいくシーンを横目に、ひたすら登ります。

DSC02187.jpg

少し傾斜が緩む区間があるものの、頭より吹き出る大汗が目に沁みてツラい・・(笑)

DSC02191.jpg

以前より少し風景が変わってます

DSC02193.jpg

大山も近づいて来た~ 心拍は198bpmを表示

DSC02195.jpg

菜ノ花台を通過し、あとどれぐらいだっけ・・と結構ここからが長く感じました

DSC02199.jpg

とにかくマイペースで漕ぎ続けます。

今日はとてもローディが少ないように感じました。

やがて・・

DSC02204.jpg

ヤビツ峠に到着

あれ、誰もいない??

DSC02207.jpg

標高761m 記念に一枚

2年前のGWにクロスバイクで来た時以来、ロードバイクでは初。

一応、タイムを計測していたものの、クロスバイクで登った前回の方が全然早かった..(笑)

今日は余計な荷物も多いし気温も高いし・・と比較と言い訳の材料はたくさんあるものの、やはり少し悔しい気持ちと要因は気になります・・(苦笑)

茶屋ではローディ2名が休憩中でした。こんな猛暑日に登る人は相当筋金入りと推察(自分以外)。

DSC02213.jpg

茶屋で買ったダイエットコーラを飲み干し、帰路のことを考慮し、ろくに休憩もせずに来た道を下ります。

DSC02217.jpg

やはり下りはサイコ~(当たり前..)

DSC02215.jpg

景色も良く爽快に下っていきます。

DSC02220.jpg

高取山~弘法山も良く見えます。

DSC02232.jpg

アフターヒルクライムのご褒美を満喫[晴れ]

DSC02231.jpg

菜ノ花台付近では秦野市街と曽我丘陵の眺望が素晴らしかったです。

そしてすぐ下ると菜ノ花台に到着 ここからの眺望も素晴らしいですね

DSC02234.jpg

菜ノ花台は夜景スポットでも有名なので、車で来られるのにもお勧めです。

↓パノラマ写真

DSC02235.jpg

ベンチに座ってのんびり休憩 いつ来ても最高な眺めです。

DSC02236.jpg

蓑毛の急坂も下りはなんとも清々しい・・(笑)

この後、名古木、河原町交差点を経由し、県道62号で平塚方面へ向かいます。

DSC02239.jpg

県道62号で金目川沿いを走ります。この道は途中で路肩が狭まる区間もあり、少し気を遣います。

南金目のローソンで休憩

DSC02247.jpg

先週に続き、似たようなものを注入。

シャリシャリ感とほろ苦さが喉が渇いた時にはサイコーです!

DSC02249.jpg

金目川沿いのCRに逸れヤビツ峠を振り返ると、下りはあっと言う間だったことを実感

日没時間も長いので、もう一本ヒルクライムへ

DSC02253.jpg

やはりあそこへ(湘南平

DSC02261.jpg

通称パンダ坂は14%と言われる直線が続く急坂区間です。

今年3度目の挑戦ですが、今日は完全に消化試合という感覚で登りました(笑)

身体が猛暑という感覚にだいぶ慣れてきたようで麻痺しているかの如く・・

DSC02264.jpg

スタンドに自転車を置き、展望台に上ります。

2月に来た時は天使の梯子を拝むことが出来ましたが・・

DSC02277.jpg

↑ 東に江ノ島方面の眺め

DSC02295.jpg

↑ 西は小田原、箱根方面 

↓ そして、先ほどのヤビツ峠、大山、丹沢方面

DSC02285.jpg

パノラマで1枚

DSC02274.jpg

売店でラムネ味のソフトクリームをオーダー

気温が高すぎて、すぐに溶け始めてしまい味わう間もなく数十秒で完食..(笑)

湘南平から下っていきます。

DSC02310.jpg

パンダ坂と言われる所以のパンダ君と1枚

花水川より日も傾いて来た大山を撮影

DSC02323.jpg

花水橋よりR134号で西進

追い風の恩恵により35km/h以上の速さをキープ

DSC02332.jpg

最後は海岸から烏帽子岩を眺めてから帰宅

午後からスタートとはいえ、猛暑により熱中症対策により水分補給量は約4リットル!(笑)

ヤビツ峠は先週の足柄峠と同等と言われるものの、これだけ気温の差があると今日のヤビツ峠の方がはるかにキツかったです。

過酷なヒルクライムでしたが良い景色を楽しめたので、貴重な午後のひと時となりました(苦笑)。

■走行距離 87km

■平均速度 19.2km/h

■平均心拍 162bpm

■最大心拍 198bpm

■走行・活動時間(休憩時間等含む)6時間05分

▲塁積標高(ガーミンbasecamp)±1,723m

▲獲得標高(ルートラボ) 1,307m


nice!(53)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

宮ヶ瀬湖~早戸川林道~津久井湖往復ロングライド  [東丹沢・ヤビツ・宮ヶ瀬方面]

DSC00148.jpg

2016年2月27日<早戸川橋にて>

今日は宮ケ瀬湖~早戸川林道~津久井湖まで往復するロングライドをしてきました。

今週より再び寒さが戻り、今日も天気は良かったもののとても寒い1日でしたが、日照時間も長くなってきたので、日没間際まで楽しい走りが出来ました。

今日も先週同様、一眼レフカメラをリュックに背負って走りました。

本日のルートです。

ルートラボ.jpg

標高.jpg 

自宅を9時30分過ぎに出発し伊勢原方面へ向かいます。

神川橋(相模川)では富士山と大山はクッキリと見えました。

DSC00081.jpg

橋を渡り国道129号の田村十字路より県道44号で伊勢原へ向かいます。

大山が近づいてきます。

DSC00093.jpg 

伊勢原で国道246号交差点をそのまま直進し、県道63→64号に入ります。

DSC00097.jpg 

午前中は風もなく穏やかでしたので、気持ちよく走れました。

分かれ道を左折後しばらく道なり大山を左に眺めながら進むと尾崎交差点

DSC00100.jpg

清川村役場、煤ヶ谷としばらく北進し、土山峠に取りつきます。

DSC00101.jpg

3ヶ月ほど前に、土山峠より大山まで縦走し、蓑毛へ下山する山歩きをしてきたのですが、当時はまだ紅葉を楽しめていたことを思うと、季節の移ろいというのは本当に早いものだと実感してしまいます。 

しばらく漕ぎ続けて宮ケ瀬の駐車スペースに到着

 _MG_0206.jpg

とても穏やかな雰囲気です。

丹沢三峰方面の山々は冠雪していました。

 _MG_0238.jpg

やまびこ大橋にてしばし撮影タイム

_MG_0245.jpg

いい天気[晴れ]になってくれて良かったです。

_MG_0256.jpg

そのまま宮ケ瀬湖畔へ走ります。

DSC00119.jpg

幸福の鐘

この後、他の人が鐘を鳴らすといい音が響き渡っていました

DSC00122.JPG

いい眺めです

まだ昼食の予定ではなかったのですが、下の写真の雰囲気に負けました..

DSC00128.jpg

ごへい餅を食べたくなりオーダー

丁寧に焼いて頂きとても美味しかったです。

DSC00125.jpg

身体が温まった後出発

虹の大橋を渡ってから左折し荒井林道経由で早戸川方面へ向かいます。

DSC00134.jpg

林道途中より虹の大橋が見えます

DSC00131.jpg

この林道は釣りや登山で何時も車で走行しているのですが、自転車では初めてです。 

_MG_0262.jpg

とても穏やかな小春日和の中、のんびり進んでいきます。

マス釣り場の先まではアスファルト舗装なのでロードでも普通に走れるハズでしょう。。

DSC00148.jpg

やがて早戸川橋に到着 水は少な目で澄んでいます。

20年ほど前に、ここで大きなニジマスを立て続けに数匹釣れた時は感動したものです。

でも、きっと上流にあるマス釣り場のおこぼれなのでしょうが(笑)

 DSC00151.jpg

もうすぐ丹沢の渓流釣りの解禁です。

今日は勝手知ったる早戸川林道をロードでどこまで進めるか?という挑戦も兼ねています。

数年前に設置されたマス釣り場より数百メートルほど先の新設ゲートまでなら行けそうです。

ゲートが開いていれば、三日月橋の先までは行けるはずです。

ロードバイクで早戸川を走るという自分としてはこれまでにないギャップ感に期待です。

 DSC00139.JPG

やがてリヴァスポット早戸に到着

自分は源流志向により、いつも早戸川の源流域ばかり入るのでここには一度も来たことはないのですが、年中無休なのと都心からのアクセスもいいので、人気のあるスポットです。

DSC00146.jpg

綺麗な小滝

すると..

DSC00143.jpg

早戸川国際マス釣り場で林道が土砂崩れによりこの先通行止め。。

早期の復旧を期待するしかありませんが、この先の早戸川林道は近年崩壊がとても著しいので少し心配です。

仕方がないので鳥屋方面との分岐点まで引き返してから、奥野隧道方面へ進みます。

適度なアップダウンがあり楽しめます。

DSC00155.jpg

奥野隧道をくぐり抜け、鳥屋より県道64号で国道413号で津久井湖へ向かいます。

DSC00163.jpg

緩やかな登坂を走ったあとは一気に下って行きます。

やがて413号に出てからは青山を経由し三ヶ木へ向かいます。

DSC00167.jpg

この区間の国道413号はやはり自転車でも快適そのものの走りが出来ました。 

三ヶ木を右折し413号で橋本方面へ少し走ります。

DSC00170.jpg

途中、西メディカルセンター交差点を左折し津久井湖を周回します。

DSC00172.jpg

名手橋に到着

DSC00174.jpg

津久井湖は宮ケ瀬とは水の色が少し異なっていました。

そのまま道なりに進み、津久井湖の北斜面上にある県道515号を走ります。

この橋の先よりヒルクライム開始ですが、住宅街では突如15%勾配[右斜め上]が出現し度肝を抜かれてしまいました..(笑)

やがて緩やかな山里の道となりゲートらしき地点に到着 

DSC00180.jpg

この区間は車幅が1.7m以下に制限されているようです。

とても細い林道でしたが快走できました。

やがて三井バス停付近に合流し、三井大橋へ下って行きます。

DSC00183.jpg

こう見ると、まるでスキーのジャンプ台[右斜め下][右斜め上]のようです(笑) 

そして三井大橋に到着

無人でガラガラでした。

 _MG_0271.jpg

津久井湖もとても静かで穏やかでした。

_MG_0266.jpg

この後、再び413号に合流後は津久井湖観光センターに立ち寄ってみました。

こちらは観光客で結構賑わっていました。

 DSC00187.jpg

地元の名産品がたくさん売っていました。

この時点で14時。そろそろ帰路につくこととし、信号の少ない相模川沿いの幹線道路へ向かいます。

DSC00192.jpg

小倉橋で少し休憩します。この橋は神奈川の景勝50選です。

相模川に架かる橋としては最古のようです。

小倉橋を渡り、相模川右岸道路の県道511号で南下します。 

DSC00197.jpg

途中で道を外れて相模川の河岸の河津桜を見に寄り道です。

春の到来を感じさせてくれます。

再び県道511号に戻り、強風の中ひたすら漕ぎ続けて南進します。 

高田橋を過ぎ、昭和橋で一息いれます。

DSC00208.jpg

県道511号は小倉橋から高田橋~昭和橋~座架依橋まで走りましたが、路肩もない区間も多く大型車がビュンビュン飛ばす幹線道路により、しかも午後になってからの強風と対峙しながらの走りはかなりストレスフルでした。。

改めて自転車で走ってみると車で走行するイメージとはかなり違うものでした。

_MG_0279.jpg

座架依橋を渡り、座間~海老名~綾瀬を抜けての帰路を選択します。

理由はそれまでの辛い走りを少しでも勝手知ったる道で落ち着きを取り戻して走りたかったからです..(笑)

座間の谷戸山公園を通って、栗原のコンビニで休憩後、かしわ台駅付近を通過し、綾瀬の寺尾台よりまっすぐ藤沢まで伸びる県道42号を走ります。

DSC00211.jpg

何となくこの標識を見て安堵感が漂いました。

でも、実際はとても長く感じました..(笑)

ようやく藤沢市に入り、引地川の親水公園で休憩をはさみます。 

DSC00220.JPG

夕方になり、かなり冷え込んできました。

DSC00215.jpg

そのまま普通に帰宅をしようと思っていたのですが、夕日の写真を撮りに引地川沿いを走り海に向かうことにします。

DSC00260.jpg

烏帽子岩と夕日[晴れ](湘南サイクリングロードにて)

とても寒かったですが、今日も一日楽しく走ることが出来ました。

■走行距離 117km  

■平均速度 21.2km/h ■最高速度50.1km/h 

■平均心拍 145 ■最大心拍 184

■消費カロリー 4,041kcal (EPSON PULSENSE) 

▲累積標高(ガーミンbasecamp) 2,178m 

▲獲得標高(ルートラボ) 1,590m


nice!(39)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

中山峠から小田原までぐるっと周回 ヒルクライムツーリング [東丹沢・ヤビツ・宮ヶ瀬方面]

DSC08123.jpg
2015年10月4日<中山峠付近の茶畑>

今日は自宅から中山経由で寄(やどりぎ)大橋付近までヒルクライムした後、酒匂川CR経由で小田原港まで走ってきました。
151004 中山峠
秋は紅葉シーズンによりしっかり登山へ行きつつも、自転車にも乗りたいしと、食欲の秋と同じで、とても欲張りになってしまいます(笑)

自転車と登山を交互に続けることで、身体全体の筋力と心拍機能の維持が出来るので、互いにとても充実した活動が出来ています。

今週は自転車で静かな山里をヒルクライムしつつも海岸線も走るロングをしたいと思い、今回のコースを計画してみました。
DSC08064
今日ものんびりスタートです。
湘南大橋(相模川)を渡ります。
今日はとても暖かい日でした。
DSC08068
序盤は平塚郊外の田園地帯を進みます。

DSC08071
稲穂の先には大山がどっしりと鎮座しています。
秋を感じるのどかな風景です。
のんびりとポタリングに来てもいい場所ですね

DSC08083
秦野市街より国道246号を少し走り渋沢駅入口の交差点を右折し、堀川交差点を左に曲がって行きます。

しばらく道なりに進むと、四十八瀬川が流れる清々しい景色が飛び込んできます。
DSC08088
こんな道を走るれることが山好きの自分にとってはサイコーです!

DSC08091 

四十八瀬川は鍋割山が水源です

DSC08094
中山峠へ向かう道に入り、なだらかな坂道を登っていくと、右手には丹沢表尾根の三ノ塔も見えます。今日も丹沢には多くの人が登っているんだろうな~

DSC08106
さらに登ると住吉神社
鳥居を見ると、不思議とパワーのようなものを感じますね

DSC08108
やがて道幅も狭まり、山奥感が漂ってきます。
息を上げながらひたすら漕ぎ続けます


DSC08113
やがてゴルフ場が見え、左手には秦野方面が一望!

DSC08115
少し進むと、中山峠に到着 標高は420m
ベンチ等もなく、そのまま寄へ下ります

DSC08123
寄方面へ下っていくと、茶畑が広がります。
この眺めを見て「ランチはここで!」 と即決

DSC08130
ここでのんびり寝っ転がって昼寝でもしたいな・・・なんて思いましたが、今日はまだ先があるので重い腰を上げて出発します。

そのまま道なりに下っていくと、寄郵便局に出ます。
DSC08136

DSC08154
寄バス停 

DSC08141
寄からさらに寄大橋方面へ一本道を登って行きます。

この道は登山の際は雨山峠越えでユーシン方面へ向かう際に良く使うルートでもあります。

とてもいい雰囲気です

DSC08147
寄沢も川幅も狭まり、山奥感が漂ってきます。

DSC08150
折り返し地点 ここの標高は370mほど

そして..
DSC08146
今日一番楽しみにしていた一直線の長い下り坂!

標高370m地点から国道246号の寄入口交差点までほとんど下り坂なので、気持ちがいい~!

サーッと風を切りながら下って行きます。
DSC08165

一気に下ってきて寄沢に架かる橋の上より

この風景が名残惜しかったのですが、そのまま国道246号までしばらく下ります
DSC08168
寄入口交差点まで下ってきました

ここを右折し、国道246号で松田方面へさらに下って行きます。

DSC08181
御殿場線 松田駅に到着
ここでいつものように自販機のアイスコーヒーをガブ飲み..(笑)

DSC08182
御殿場線の踏切では、ロマンスカーあさぎり号が通過
昔の赤いあさぎり号のイメージが強くて、青いのでちょっと違和感を感じました(笑)
BlogPaint
酒匂川に架かる橋を渡ります。
正面に金時山がちょこっと顔を出しています
DSC08197
酒匂川CRで今度は小田急ロマンスカー「はこね号」が通過

そのまましばらく南下し小田原に向かいます
DSC08215
 小田原城に到着
観光客で賑わっていました。
DSC08224
西側にある駐車場で少し休憩

DSC08229

反対側(線路付近)に回り小田原城を見ると改修工事中のようでした


DSC08237
早川鉄橋を渡り、小田原港(早川)へ
こちらも大混雑・大盛況の様でした

DSC08235
早川 奥には箱根外輪山が見えます 
そろそろ帰宅モードへ

帰路は走りやすい国道1号線をスイスイと快走
DSC0825310
国道134号 湘南大橋(相模川)では夕日にあたるモクモクとした雲が印象的
DSC0826110

今日も充実したロングライドが出来ました。
山ではとてもいい風景を眺められ、今日のようなツーリングは自分にとって理想形のような気がしました。

■走行距離:103 km
■平均速度:21.4 km/h
■ 最高速度:45.4 km/h
■サイクリング時間(休憩・食事等含む) 約7時間

▲獲得標高 1,338m


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

大キレットから1ヶ月・・ 尺里峠へヒルクライム [東丹沢・ヤビツ・宮ヶ瀬方面]

DSC07688.jpg
2015年9月5日 <尺里峠:標高550mにて>

今日は尺里峠(ひさりとうげ)をヒルクライムしてきました。
150905 尺里峠static

自転車に乗るのは久しぶり

今夏は7月末に登山で北アルプスの南岳~大キレット~北穂高岳を縦走して以来のまともな運動です。

IMG_2130.JPG

今年は穂高連峰~大キレットを縦走するために、冬場から定期的に自転車を乗ってきました。

大キレットの縦走路は日本の一般登山道では最高難度のルートです。

初日は新穂高より標高差1900mを担ぎ上げ南岳小屋へ、2日目は大キレット~北穂高岳~涸沢岳~穂高岳山荘へ

3日目は白出沢より新穂高へ下山しました。落石も多くヘルメット必須で挑みました。

DSC07186.JPG

とても険しい道のりです。酸素濃度も薄い中での有酸素運動をしながら全身全霊を駆使して登り続けます。

DSC07131.JPG

ワンミスしたら・・・奈落の底[右斜め下] といった場所だらけです・・・

DSC07163_R.JPG

自転車と登山は長い有酸素運動をしながらも、一瞬たりとも気が抜けないという共通点もあり、それでも互いにとても楽しい時間を過ごせるので、様々な相互作用というものをとても実感しています。

3000mクラスの縦走路により酸素濃度も薄く、重たいリュックを担ぎながら登りました。

IMG_2315.JPG

DSC07210_R.JPG

北穂高岳(標高3,106m)から縦走してきた大キレットと槍ヶ岳の眺望です。

自転車によるヒルクライムやロングライドを自分なりに続けてきたことで、今年の前半戦も体力の維持が出来ました。

しかし、この後8月は天候不順や他の予定等もあり、完全に運動不足状態プラス暴飲暴食気味の日々を送ってしまったので、再び秋のスポーツシーズンに向けて身体を鍛え直す必要性を痛切に感じ、ロングライド+ヒルクライムのルートを考えた末、尺里峠に行くことにしました。

DSC07617
国道134号線~大磯より国道1号線を西進し、国府津へ向かいます。

DSC07622
国府津駅の先にある親木橋交差点を右折

DSC07624
20分くらい走ると酒匂川に架かる富士見大橋に到着

箱根方面は少しガスっています
DSC07625
今日の酒匂川 穏やかな流れです

DSC07631
これより酒匂川CRをのんびりと走ります。

DSC07634
矢倉岳が見えます。ここからいつも見える富士山は今日は見えませんでした。
DSC07648
開成ふれあい館 ここで少し休憩

その後、小田急鉄橋の下をくぐり抜け、そのままCRを北上します。
DSC07649
鮎釣りの人が大勢いました。最盛期ですね

DSC07654
とても走りやすい道
CR終点まで進み、一般道で山北駅へ
DSC07656
山北駅に到着

DSC07657
ここまで約40kmの走行。ここで糖分補給

DSC07661
休憩後、高松山方面 尺里峠への入口へ



DSC07668
のどかな小川が流れる道

DSC07671
綺麗な小沢
とても静かな山里感が漂ってきます
DSC07673
徐々に勾配がキツくなり・・
しばらく登ると左手にトイレがある分岐点に着きました。
DSC07676
ここを左に曲がり、さらに登ります
DSC07679
結構な登坂を漕ぎ続けます。


DSC07681
視界が開ける箇所もあります。でも天候により眺望はいまいち・・

しばらく漕ぎ続けると..
DSC07688
尺里峠に到着 標高は550mです。残念ながら眺望ゼロです..

その後、寄方面へ一気に下って行きます。

DSC07698
のどかな茶畑が広がります。なかなか良い風景です。

こういった風景を眺められることも自転車の楽しみのひとつです。

DSC07703
虫沢川を渡ります。

寄を抜けて国道246号の寄入口交差点まで下っていきます。

DSC07711
途中の道から尺里峠方面を振り返ります。

その後は寄入口交差点まで下り、7イレブンで休憩後、国道246号で秦野へ向かいます。


渋沢へ続く登り坂です。
DSC07714

やがて秦野市街に近づくと、弘法山が見えてきました。
DSC07717

名古木を通過し、善波トンネルに突入
DSC07718

トンネルを抜ければ長い下り坂です。以前この坂で気が付いたらスピード56km/hを記録しました。
DSC07719
やがて鶴巻温泉入口の桜坂交差点へ

今日は温泉入りたい・・でもそのまま帰路へ

これより平塚方面へ南下
DSC07723
平塚郊外より湘南平方面が見渡せます。
DSC07725

後はのんびりと走り、国道134号より帰宅しました。

■走行距離 96km
■サイクリング時間(休憩含む) 6時間01分 
■消費カロリー 2100kcal

累積標高(ガーミンbasecamp) 1,654m 

獲得標高(ルートラボ) 1,344m

久しぶりの自転車でしたが、終始いい感じで走れました。
でも、帰路の湘南大橋(相模川)を走行中に一瞬、右脚が攣りそうになったので、1ヶ月間運動をサボってきた身体はウソをつかないものだと実感しました(笑)


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ヤビツ峠へクロスバイク4ヶ月後に初アタック! ロングライド [東丹沢・ヤビツ・宮ヶ瀬方面]

DSC04390.jpg
2014年5月4日 <ヤビツ峠にてお決まりの1枚>

念願のヤビツ峠へタイムアタックしてきました!
クロスバイクを購入して4ヶ月経過し、ひとつの目標としていたのが今回のヤビツ峠(表ヤビツ)でした。
ヤビツ峠は車や登山では何度も訪れているほど有名な場所ですが、自転車で登るのは初めてのこと
ネットで見ると、タイムトライアルの記事が多かったので、せっかくだからと無謀にも?タイムトライアルをしてみることに・・
140504 やびつ完成
自宅より約30km自走してヤビツ峠への入口の名古木交差点へ

タイムトライアルということで、最後まで一歩も脚を地面に付けずに登りました(別に付いてもいいか・・)

最初のコンビニのある信号まではややキツい登りで、その後、10%勾配で有名な蓑毛の坂も必死で登り続けます。
蓑毛バス亭では数名の方が休まれていました。
その後は九十九折の登り坂で、なるべく心拍数が上がらない様に呼吸を整えながら登っていきますが、気温も高く、高心拍状態のままヒルクライムしていきます。
菜の花台を横目にして通り過ぎ、身体も何とか順応していました。
登り坂にも慣れてきたのか、また標高も上がり少し涼しくなったのか、まるで登山の急登時の感覚に似て来ました。
クライマーズハイといった感覚でしょうか
その後も少しづつ視界が開けてきてS字のカーブが連続します。
確か、残り10分くらいの地点で、後ろからきたローディーに抜かされました。チームのジャージを着たかなり早い人で、思わず「すげ~なぁ・・・」とつぶやいてしまいました。
実はここまで何故か7台のローディを抜かして来たので、ゴール手前で初めて抜かされたことに少し悔しかった・・(初心者のくせに偉そうでスミマセン・・)

最後のゴールまでは、不慣れな立ち漕ぎをしたりしていたのですが、あとゴールまでどれくらいか知らなかったので、力の入れ具合に戸惑っていましたが、気づいたときには、ヤビツ峠のロータリーが見えて無事ゴール。

気になるタイムは、おそらく平凡以下なので伏せさせて頂きますが、初アタックとしては納得いくものでした。
DSC04391
お決まりの一枚 標高761m

登り切った直後らしきローディがしゃがみ込んで休憩されていました。
DSC04392
ヤビツ峠の看板をバッグに自転車を置く記念撮影の順番待ちです。
クロスバイクで登ってきた自分に、なんとなく不思議そうな視線を感じたのは言うまでもありません(笑)
しばし休憩した後、裏ヤビツで宮ヶ瀬湖までの新緑サイクリングを楽しむことにしました。
ヤビツ峠からの先、富士見山荘までの道沿いには多くの登山者を見掛けました。
このGWの丹沢は新緑の時期により、毎年数多くの登山者で賑わうのは自分も登山者の立場として知っていたので、相変わらずだな~と思いながら下っていきます。

いつもは自分が向こう側の人(登山者)なので、とても違和感を覚えました...(笑)
また、裏ヤビツを自転車で登ってくるほとんどの人が「コンチハ~」と挨拶してくることにとても感心しました。登山の時はすれ違う際に登山者同士で「コンチハ~」と互いに声を掛け合うことが常識ですが、自転車の世界でも同じなんだということを知り、とても嬉しく思いました。

DSC04393
新緑の丹沢の清流を眺めながらしばらくの時間、気持ち良く下って行きます。
これが、アフター・ヒルクライムの御褒美なんだと実感しました。
DSC04397
5月の丹沢は本当に新緑が鮮やかなので、とてもいいです。
DSC04398
裏ヤビツの塩水橋前後は、登山や渓流釣り、家族レジャー等で何度も訪れている場所なので、自転車で走っている自分に対し「なんでこんなとこ自転車で走っているんだ?」と強い違和感を感じながら走りました..(笑)
札掛~塩水橋~唐沢キャンプ場と気持ち良く走り抜け、あっという間に宮ヶ瀬湖まで下りて来ました。
やはり、車で通行するのとでは比較にならないくらいの爽快感がたまりません。
DSC04405
バイクツーリングの方も多数見掛けました。

今日は絶好の行楽日和でした
DSC04404
新緑がまぶしいです
土山峠を下り、県道64号経由で伊勢原から

無事帰宅しました。

■走行距離 約98km
■サイクリング時間(休憩含む) 5時間40分 
■平均速度 21km/h
■最高速度 46km/h
■消費カロリー 2047kcal

▲獲得標高(ルートラボ) 1,280m

初のヤビツアタックは、タイムはともかく上りの達成感と下りの爽快感をたっぷりを満喫出来ました。
ローディーも
大勢いたので、やはりGWの丹沢の人気ぶりに改めて驚いてしまった1日でした。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
東丹沢・ヤビツ・宮ヶ瀬方面 ブログトップ