So-net無料ブログ作成

大キレットから1ヶ月・・ 尺里峠へヒルクライム [東丹沢・ヤビツ・宮ヶ瀬方面]

DSC07688.jpg
2015年9月5日 <尺里峠:標高550mにて>

今日は尺里峠(ひさりとうげ)をヒルクライムしてきました。
150905 尺里峠static

自転車に乗るのは久しぶり

今夏は7月末に登山で北アルプスの南岳~大キレット~北穂高岳を縦走して以来のまともな運動です。

IMG_2130.JPG

今年は穂高連峰~大キレットを縦走するために、冬場から定期的に自転車を乗ってきました。

大キレットの縦走路は日本の一般登山道では最高難度のルートです。

初日は新穂高より標高差1900mを担ぎ上げ南岳小屋へ、2日目は大キレット~北穂高岳~涸沢岳~穂高岳山荘へ

3日目は白出沢より新穂高へ下山しました。落石も多くヘルメット必須で挑みました。

DSC07186.JPG

とても険しい道のりです。酸素濃度も薄い中での有酸素運動をしながら全身全霊を駆使して登り続けます。

DSC07131.JPG

ワンミスしたら・・・奈落の底[右斜め下] といった場所だらけです・・・

DSC07163_R.JPG

自転車と登山は長い有酸素運動をしながらも、一瞬たりとも気が抜けないという共通点もあり、それでも互いにとても楽しい時間を過ごせるので、様々な相互作用というものをとても実感しています。

3000mクラスの縦走路により酸素濃度も薄く、重たいリュックを担ぎながら登りました。

IMG_2315.JPG

DSC07210_R.JPG

北穂高岳(標高3,106m)から縦走してきた大キレットと槍ヶ岳の眺望です。

自転車によるヒルクライムやロングライドを自分なりに続けてきたことで、今年の前半戦も体力の維持が出来ました。

しかし、この後8月は天候不順や他の予定等もあり、完全に運動不足状態プラス暴飲暴食気味の日々を送ってしまったので、再び秋のスポーツシーズンに向けて身体を鍛え直す必要性を痛切に感じ、ロングライド+ヒルクライムのルートを考えた末、尺里峠に行くことにしました。

DSC07617
国道134号線~大磯より国道1号線を西進し、国府津へ向かいます。

DSC07622
国府津駅の先にある親木橋交差点を右折

DSC07624
20分くらい走ると酒匂川に架かる富士見大橋に到着

箱根方面は少しガスっています
DSC07625
今日の酒匂川 穏やかな流れです

DSC07631
これより酒匂川CRをのんびりと走ります。

DSC07634
矢倉岳が見えます。ここからいつも見える富士山は今日は見えませんでした。
DSC07648
開成ふれあい館 ここで少し休憩

その後、小田急鉄橋の下をくぐり抜け、そのままCRを北上します。
DSC07649
鮎釣りの人が大勢いました。最盛期ですね

DSC07654
とても走りやすい道
CR終点まで進み、一般道で山北駅へ
DSC07656
山北駅に到着

DSC07657
ここまで約40kmの走行。ここで糖分補給

DSC07661
休憩後、高松山方面 尺里峠への入口へ



DSC07668
のどかな小川が流れる道

DSC07671
綺麗な小沢
とても静かな山里感が漂ってきます
DSC07673
徐々に勾配がキツくなり・・
しばらく登ると左手にトイレがある分岐点に着きました。
DSC07676
ここを左に曲がり、さらに登ります
DSC07679
結構な登坂を漕ぎ続けます。


DSC07681
視界が開ける箇所もあります。でも天候により眺望はいまいち・・

しばらく漕ぎ続けると..
DSC07688
尺里峠に到着 標高は550mです。残念ながら眺望ゼロです..

その後、寄方面へ一気に下って行きます。

DSC07698
のどかな茶畑が広がります。なかなか良い風景です。

こういった風景を眺められることも自転車の楽しみのひとつです。

DSC07703
虫沢川を渡ります。

寄を抜けて国道246号の寄入口交差点まで下っていきます。

DSC07711
途中の道から尺里峠方面を振り返ります。

その後は寄入口交差点まで下り、7イレブンで休憩後、国道246号で秦野へ向かいます。


渋沢へ続く登り坂です。
DSC07714

やがて秦野市街に近づくと、弘法山が見えてきました。
DSC07717

名古木を通過し、善波トンネルに突入
DSC07718

トンネルを抜ければ長い下り坂です。以前この坂で気が付いたらスピード56km/hを記録しました。
DSC07719
やがて鶴巻温泉入口の桜坂交差点へ

今日は温泉入りたい・・でもそのまま帰路へ

これより平塚方面へ南下
DSC07723
平塚郊外より湘南平方面が見渡せます。
DSC07725

後はのんびりと走り、国道134号より帰宅しました。

■走行距離 96km
■サイクリング時間(休憩含む) 6時間01分 
■消費カロリー 2100kcal

累積標高(ガーミンbasecamp) 1,654m 

獲得標高(ルートラボ) 1,344m

久しぶりの自転車でしたが、終始いい感じで走れました。
でも、帰路の湘南大橋(相模川)を走行中に一瞬、右脚が攣りそうになったので、1ヶ月間運動をサボってきた身体はウソをつかないものだと実感しました(笑)


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 2

大型中年

Creekerさん

Creekerさんの過去の記事を検索していたら、スッすごい北アルプスの大キレット縦走していたのですね。ここはもはや大憧れのルートですが・・・・、さすがに体力・技術もなく、永遠の憧れで終わりそうです。 
私は北アルプスが大好きで、槍ヶ岳には何回か登頂はしていますが、ここから穂高連峰を憧れのまなざしで見ていましたが・・・、これは30年以上前の古い話で恐縮です。
機会あれば、過去の参考記録を掲載ください。 よろしくお願いいたします。
それにしても体力の減退と、気持ちの高揚のバランスが難しいですね。今考えているのは、そのうち秦野駅~表ヤビツ峠のウォーキングです。(笑) 
by 大型中年 (2016-04-13 06:51) 

creeker

大型中年さま

昨年一番の目標は記事にもありますように、この大キレットを縦走し北穂高岳へ登ることでした。実際にはその先の北穂高から涸沢岳までの登山道の方が相当ヤバかったです(笑)
一昨年は剱岳へ登頂したのですが、冬場のトレーニング用にクロスバイクを買って曲がりなりにもヒルクライムを継続していた訳ですが、実際には自転車そのものの魅力にのめりこんでいってしまったのです。
登山と自転車の共通点はやはり長時間の有酸素運動をしながら移り行く景色を楽しめることだと思います。
大型中年さんなら経験豊富で体力も相当ありそうですので、リュックを背負って少しづつ登山道を歩かれれば大丈夫ではないでしょうか?
実際にアルプスでも自分より2廻り以上の年配の方々が元気に登られている姿を見て、こちらが励まされたりするくらいです。
気持ちの高揚がある限り、身体がついて来れば最高なのですが(笑)
by creeker (2016-04-13 16:08) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました